autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 スバル 新型フォレスター[2012年フルモデルチェンジ・4代目フォレスター] 新型車速報

新型車リリース速報 2012/11/13 20:32

スバル 新型フォレスター[2012年フルモデルチェンジ・4代目フォレスター] 新型車速報

スバル 新型フォレスター[2012年フルモデルチェンジ・4代目フォレスター] 新型車速報

“SUV”として劇的な進化を遂げた新型フォレスター!

スバル 新型フォレスター発表会にて「新型フォレスター XT」(ターボモデル)

スバルは、4代目となる新型フォレスターを発表した。

まずスバルといえば気になるパワーユニット系だが、エンジンは2リッター水平対向4気筒のNAとターボの2種類がラインナップされている。

NAは低フリクション化などにより燃費の向上が図られ、ターボはレガシィと同様に新世代BOXER直噴ターボ“DIT”が採用された。NA・ターボモデルの最高出力・最大トルク・燃費についてはそれぞれ以下の通りで、NAモデルの「15.2km/L」という低燃費とターボモデルの「280ps」という高出力が特徴的だ。

新型フォレスター

最高出力

最大トルク

燃費

NAモデル

109kW(148ps)

196N・m(20.0kg・m)

2.0i(CVT)14.4km/L/2.0i(6MT)13.4km/L

2.0i-L(CVT)15.2km/L/2.0i-L(6MT)13.4km/L

2.0i-L EyeSight(CVT)15.2km/L

2.0i-S EyeSight(CVT)15.2km/L

DITターボモデル

206kW(280ps)

350N・m(35.7kg・m)

2.0XT(CVT)13.2km/L

2.0XT EyeSight(CVT)13.2km/L

スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)

トランスミッションはこれまでの4AT/5ATから、新リニアトロニック(CVT)へと刷新された。新リニアトロニックは、NA・ターボ両方に採用されている。

新リニアトロニックは、NAモデルにはインプレッサにも搭載されている軽量でコンパクトなタイプが、そしてDITターボモデルには高トルクに対応したタイプが設定されている。なお、NAモデルには6速マニュアルのグレードも設定されているが、ターボは新リニアトロニックのみとなっている。

スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)

新型フォレスターで初採用の機構「X-MODE」がAWDの性能をさらに引き出す

スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)
スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)

新型フォレスターは「SUVとしての本質的な価値の実現」をコンセプトとして掲げているが、それを具現化しているのが新型フォレスターから新たに追加された「X-MODE」と呼ばれる4輪制御システムだ。

フォレスターは初代の発売から全グレードに必ずシンメトリカルAWD(4WD)が採用されており、新型フォレスターにももちろん全グレードAWDが採用されている。

それだけでも悪路では非常に高い走破性を誇っているのだが、この「X-MODE」をオンにすることにより、例えば雪道や荒れた路面で脱出が難しそうな場合でも4輪の駆動力をクルマ側で適切に制御してくれてスムーズな走りを実現してくれる。

この「X-MODE」は、これまでスバルが長きに渡り培ってきたシンメトリカルAWDをさらに一歩飛躍させる機構として注目される。さらに、輸入車SUVでは以前から採用されていた、急勾配の道を下る時に車速を制御してくれる「ヒルディセントコントロール」も採用されるなど、新型フォレスターはSUVとして飛躍的な進化を遂げているのだ。

スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)スバル 新型フォレスター 2.0XT EyeSight(アイサイト)
スバル 新型フォレスター 2.0i-S EyeSight(アイサイト)

エクステリアについてはSUVらしい力強さと、空力性能にも考慮したスタイリングが採用されている。

外観で最も特徴的なフロントフェイスは、ターボとNAでそれぞれ異なる2種類の意匠が設定されている。また、スバルのアイデンティティである精悍な鷹の目をイメージしたホークアイヘッドランプやヘキサゴングリルなど、これまでのスバルのモチーフを受け継ぎながらも新しい造形へと進化した。

また、もはやスバルの新しい代名詞となりつつある「EyeSight(アイサイト)」だが、実はフォレスターに搭載されるのは今回が初となるなど、様々な魅力を纏った新型フォレスター。

スバルの新型フォレスターの国内目標販売台数は、月間2,000台。2~3千台の販売が確実となればエクストレイルに並ぶことになる。インプレッサの販売好調で過去最高の売上高を記録したばかりのスバルだけに、新型フォレスターにも期待がかかる。

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28