autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スバル 新型「CROSSOVER 7(クロスオーバーセブン)」新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2015/4/16 11:22

スバル 新型「CROSSOVER 7(クロスオーバーセブン)」新型車解説/渡辺陽一郎(2/2)

関連: スバル エクシーガクロスオーバー7 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志・富士重工業株式会社
スバル 新型「CROSSOVER 7(クロスオーバーセブン)」新型車解説/渡辺陽一郎

アクティブな印象を強めたエクステリア

スバル 新型クロスオーバーセブン
スバル 新型クロスオーバーセブン

外観は前後バンパー、タイヤの収まる部分のホイールアーチなどに、SUV風のグラッディングを施した。フロントグリルも刷新され、ルーフレールなどと相まってアクティブな感覚を強めている。

最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は170mm。従来型のノーマルエンジンを積んだエクシーガに比べて10~20mm程度の拡大だが、SUVらしい印象に仕上げた。

内装はタン色のレザーが目を引く

スバル 新型クロスオーバーセブン
スバル 新型クロスオーバーセブンスバル 新型クロスオーバーセブン

内装はクルマ好きを相手にするスバルらしく、シートやステアリングホイールにタン色のレザーを織り込んだ。ブルーグリーンのステッチなど、配色がオシャレに感じられる。メーカーオプションとしては、ウルトラスエード+レザーシートも設定。表皮が柔らかく、柔軟な座り心地を味わえる。

グレードはクロスオーバー7として1種類のみ。エンジンは水平対向4気筒の2.5リッターで、駆動方式は4WD(スバルはAWDと表記する)だけだ。もっともエクシーガの場合、2012年の改良時点で前輪駆動の2WDは廃止され、4WDのみがラインナップされていた。

走りの面で注目されるのは、サスペンションの設定を刷新したこと。開発者は「従来型のエクシーガに比べて、コーナリング時のロールが収まる収束時間を約15%短縮するなど、安定性を向上させた。振動や乗り心地も改善している」と言う。

EyeSightはVersion.3を用意して欲しかった・・・

スバル 新型クロスオーバーセブン

撮影車両に装着されていたタイヤは、17インチ(215/50R17)のヨコハマ・アドバンA10。指定空気圧は前輪が230kPa、後輪が220kPaとしており、燃費向上のために無理に高めた設定ではない。

安全装備も3列目のシートまで対応したサイドエアバッグなどを用意するが、EyeSightはVersion.2にとどまる。これは頑張ってVersion.3にして欲しかった。

価格は275万4,000円。従来型でいえば特別仕様車のエアブレイクと同額で、2.5i スペックB アイサイトの286万2,000円よりは10万8,000円安い。設計が少々古いとはいえ、納得のできる価格設定だ。

クロスオーバー7の開発手法は、基本的にはXVと同じ。既存の車種をベースに、SUVに仕立てた。今はSUVの人気が高まっているので、テコ入れの有効な手段になるだろう。ちなみにトヨタ アクアも、2014年末のマイナーチェンジで、外装をSUV風にアレンジしたX-アーバンを設定している。

この外観はイマイチ受けないが、トレンドには沿っている。日産や三菱は、このところ新型車を投入していない。多額の開発費用を使うのが難しいなら、売れ筋車種にSUV風のバリエーションを加える手はあると思う。

日産のセレナやノートなど、デザイナーの手腕次第では、カッコ良くなりそうだ。クロスオーバー7は、意外に商品開発のタイムリーなヒントになっているのかも知れない。

スバル クロスオーバー7 スペック

エンジン:2.5リッター水平対向4気筒DOHC/駆動:AWD/変速機:リニアトロニック/価格:2,754,000円(消費税込)

スバル エクシーガクロスオーバー7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル エクシーガクロスオーバー7 の関連記事

スバル エクシーガクロスオーバー7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル エクシーガクロスオーバー7 の関連記事をもっと見る

スバル エクシーガクロスオーバー7 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23