autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー ソウル・モーターショー2011 ヤバイぜ コリアンパワー! 4ページ目

モーターショー 2011/4/8 11:12

ソウル・モーターショー2011 ヤバイぜ コリアンパワー!(4/4)

ソウル・モーターショー2011 ヤバイぜ コリアンパワー!

今回見たコリアンパワーはまだまだ氷山の一角

というわけでいろんな面から日本の自動車メーカーを確実にキャッチアップしているヒュンダイ-起亜と、韓国自動車産業。

怖いのはそれが日本に住んでいては、直接確認できないことであり、なぜならヒュンダイ自動車の乗用車部門は多少の偏見もあり、09年には日本を撤退しているからだ。

よってこの驚異はアメリカやヨーロッパに行って初めて気づくわけで、日本にいたままでは切迫した危機意識を持てない。

確かにほんの10年前までのヒュンダイは、日本車より品質面、デザイン面で確実に劣っていた。ところが問題はその進化スピードである。

「デザインが2世代分進んだ」という証言からもわかるように、韓国の最大の武器はなによりもその決定プロセスにある。

起源が財閥ということもあり、企業の戦略はトップの一言で決まる。ゆえに決定がやたら速い。

逆に失敗する可能性もあるわけだが、一度ハマると日本企業を凌駕する力を発揮するのである。

おそらくソウル・モーターショーで見えたのはコリアンパワーの氷山の一角に過ぎない。私は漠然とかつ確実に恐怖を感じたのである。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!