autoc-one.jp 記事・レポート 特集 インタビュー 近藤真彦氏インタビュー|モータースポーツジャパン2008 2ページ目

インタビュー 2008/10/10 18:18

近藤真彦氏インタビュー|モータースポーツジャパン2008(2/2)

Text: オートックワン 編集部 Photo: 島村栄二
近藤真彦氏インタビュー|モータースポーツジャパン2008

Q3 日本と欧州のモータースポーツファンの違いとは何でしょう。

近藤真彦氏インタビュー1近藤真彦氏インタビュー9

最近の日本のモータースポーツファンも、ファミリーで観に来てくれるようになりましたね。例えばお父さんが子供の手を牽いて観に来るといった姿を、多く見るようになりました。

10年くらい前は特に男性だけのスポーツという意識が高かったのですが、それが近年非常に良い流れになってきました。

ヨーロッパではもともと、おじいちゃんが孫を連れてレース観戦に来たりと、親子3代に亘ってモータースポーツファンというのが珍しくない。日本もそうなって行くことを願っています。

それにはサーキットだけでは難しいし、機会も少ないだろうから、こういった気軽に来れらるイベントというものを通じて、子供たちの記憶に植え付けておく。それがいつか思い出となり、彼らの子供、そして孫へと受け継いでいってもらえたら本当にうれしい。

僕はそういうファンをこれからも作って行きたいし、大切にしていきたいです。

Q4 将来レーシングの世界を夢見る子供達へのメッセージを。

モータースポーツの世界って間口がとても狭いと思われがちですが、実はそんなことはなくて、色々な角度から参加の仕方があるんです。

レーサー、メカニック、エンジニア、そしてチームオーナーなど、色々な世界があるし、皆さんが思っているよりも意外と間口は広いです。だからモータースポーツ界へ入りたいという夢を持ったのであれば、それは是非とも諦めずに持ち続けて、色々な扉をどんどんノックして夢を叶えてもらいたいです。

~編集後記~

近藤真彦氏インタビュー5

自身が思い描く、これからの日本のモータースポーツの世界とは、夢見る子供たちへ感動を与えるステージにしていくことだ。クルマというもの、そしてレースという世界。自らがこれまで味わってきた、モータースポーツというものが与えてくれる“感動”という二文字を、もっと多くの人へ伝え、そして何よりも未来のモータースポーツファンである子供たちへ知ってもらおうとする心意気が強く感じられた。

親から子へと、世代を超えて受け継いで行ってもらいたいとする近藤真彦氏のその強い思い。是非これからもモータースポーツジャパンのスーパーバイザーとして、多くのファンに“夢”と“感動”を与えてもらいたい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!