autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 新型 スマート フォーツー発表会速報 ~スマートEVもいよいよ市販へ~

新型車リリース速報 2012/5/24 20:00

新型 スマート フォーツー発表会速報 ~スマートEVもいよいよ市販へ~

新型 スマート フォーツー発表会速報 ~スマートEVもいよいよ市販へ~

ユーザーの敷居をイッキに下げる159万円の価格設定

新型 スマート フォーツー 発表会の模様[2012年5月24日]新型 スマート フォーツー 発表会の模様[2012年5月24日]

メルセデス・ベンツ日本は、マイクロコンパクトカー「スマート フォーツー」のクーペ、カブリオの各モデルをマイナーチェンジした。

クーペで159.0万円[消費税込み、以下同]という戦略的な値付けのベースグレード「クーペ mhd(マイクロ・ハイブリッド・ドライブ)」を新設定し、「クーペ mhdプラス」、「クーペ mhd パッション」とあわせ全3グレード展開としたほか、新たにターボエンジン搭載モデルをクーペとカブリオに新設定した。また、発売記念の限定モデル「smart fortwo coupe turbo edition sharpred(スマート フォーツー クーペ ターボ エディション シャープレッド)」も併せて登場した。

メルセデスベンツ日本の上野 金太郎 副社長は、159万円の価格設定について『200万円に近い価格設定と、150万円に近い設定ではユーザーの捉え方も異なる。(ユーザー予備軍に対し)敷居を下げるための施策だ』と話し、スマートのさらなる拡販に意欲をみせた。

さらに今回、新たなラインナップの予約も始まった。その名は「smart fortwo electric drive」。electric drive、つまり「スマートの電気自動車」が、いよいよ市販化されるのだ!

各国での実証実験を経て、いよいよスマート電気自動車が発売される

電気自動車「smart fortwo electric drive」 エクステリア電気自動車「smart fortwo electric drive」モーター&インバーターのパワートレインは後部床下にコンパクトにパッケージされる

スマートの電気自動車「smart fortwo electric drive」はこれまで、日本を含む世界各国で実証実験を行ってきた。オートックワンでも以前にスマートEVテスト車両の試乗レポートをお届けしたので、覚えている方もいらっしゃるだろう。これまではあくまでも試験車両だったが、ついに市販化までこぎつけた格好だ。

電気モーターの性能は最高出力55kW、最大トルク130Nm、最高速度は120km/h以上をマーク。床下に積まれる電池は、17.6kWhの容量を持つリチウムイオンバッテリーで、フル充電で140km以上[NEDC:ヨーロッパ測定値]の航続距離性能を誇っている。リチウムイオンバッテリーには6年/10万キロの特別保証も付与される。また未来が一歩近付いた!

なお日本仕様では200Vの普通充電のみが使え、急速充電施設には対応していない。ただし電池が空の状態から100%充電完了まで約8時間あればOKだから、夜間に充電し翌朝利用することも出来る。

smart fortwo electric driveの気になる価格は295.0万円。国内への納車開始は2012年中を予定する。

電気自動車「smart fortwo electric drive」インテリア電気自動車「smart fortwo electric drive」電気自動車「smart fortwo electric drive」トリディオンセーフティセルは専用色「エレクトリックグリーン」 電気自動車「smart fortwo electric drive」 ラゲッジスペースはガソリンモデルと同等電気自動車「smart fortwo electric drive」 外観

有償メンテナンスパッケージも新設定

特別仕様車「smart fortwo coupe turbo edition sharpred(スマート フォーツー クーペ ターボ エディション シャープレッド)」
特別仕様車「smart fortwo coupe turbo edition sharpred(スマート フォーツー クーペ ターボ エディション シャープレッド)」インパネ周り新型「スマート フォーツー」リアビュー

電気自動車「smart fortwo electric drive」以外のラインナップも、ここで改めてご紹介していこう。

先に述べたように、「クーペ mhd」「クーペ mhdプラス」「クーペ mhd パッション」に加え、新たに「クーペ ターボ」「カブリオ ターボ」が設定された。

直3 1.0リッター DOHCのインタークーラー付きターボエンジンは、最高出力84ps(62kW)/5250rpm、最大トルク12.2kg-m(120Nm)を発生。本革巻3スポークステアリングやパドルシフトも装備しているから、抜群の走りをみせてくれるはずだ。

そしてターボモデル追加記念に150台が限定販売される特別仕様車「smart fortwo coupe turbo edition sharpred(スマート フォーツー クーペ ターボ エディション シャープレッド)」が用意される。ダークブラックのボディカラーにレッドのトリディオンセーフティセル&ドアミラーカバーを組み合わせ、インテリアもレッドステッチを施したブラックのナッパレザーシートなど数々の上質な仕立てとしたもので、212.0万円で販売される。

また今回より、スマート車向けの有償メンテナンスパッケージ「smartメンテパック」を新設定した。一定期間内の法定点検や定期交換部品の交換・補充が含まれたお得なプランだ。電気自動車向けのプランも用意されている。

都市の交通問題を解消すべく、メルセデスの高い志を基に、時代を大きく先取りして生まれた2人乗りの超小型シティコミューター「スマート フォーツー」。コンパクトなエコカーのニーズが年々高まる中でも、ここ日本でスマートは、必ずしもヒット作とはいえない状況にある。

戦略的な価格設定やラインナップの充実、そしてイメージリーダーとなるEV(電気自動車)モデルの登場など、今回のマイナーチェンジで実施した施策が追い風となるか、2012年のスマートの新たな展開に注目が集まる。

新型「スマート フォーツー」シリーズが勢ぞろい!新型「スマート フォーツー」超コンパクトサイズながらラゲッジの積載量は十分だ新型「スマート フォーツー」クーペ エクステリア新型「スマート フォーツー」 リア周り新型「スマート フォーツー」ターボエンジン
新型「スマート フォーツー」アートステッカー装着車新型「スマート フォーツー」アートステッカーほかオプションアクセサリー装着車新型「スマート フォーツー」専用シートカバー[オプション]新型「スマート フォーツー」カブリオと新型 スマート フォーツー 発表会の模様[2012年5月24日]

スマート フォーツークーペ 関連ページ

スマート フォーツーカブリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スマート フォーツークーペ の関連記事

スマート フォーツークーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スマート フォーツークーペ の関連記事をもっと見る

スマート フォーツークーペ の関連ニュース

スマート 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25