autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/3/18 10:33

【試乗】ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ試乗レポート/岡本幸一郎(2/2)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 和田清志
【試乗】ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ試乗レポート/岡本幸一郎

ウェット性能を上げながら、ドライ性能も向上!

ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ

続いて、ドライの周回路を走行。「NEXTRY」と「ECOPIA EX20」を装着したプリウスを乗り比べた。

ウェット性能やライフ性能を追求したという「ECOPIA EX20」では、ドライ性能にはあまり差がなくて原稿を書くのに苦労するのではないかと危惧していたのだが、そんなことはなかった。

ウェット性能を上げると、ドライ性能も上がるというのは、よく聞く話だが、こちらもまさにそうだった。

既存の低燃費スタンダードタイヤである「NEXTRY」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗

これまた「NEXTRY」も悪くなかったのだが、「ECOPIA EX20」のほうがグリップ感は高く、しっかりとした剛性感もあり、ステアリングフィールにも手応えがある。

同じクルマなのにアソビがなくなった印象で、微小なステアリング操作にもしっかり応答する。低燃費タイヤにありがちな頼りない感じもなく、走っていて楽しい。

それでいて、ラベリング制度で転がり抵抗性能が「A」の「NEXTRY」に対し、プリウスサイズでは「AA」を達成した転がり抵抗の小ささを感じる。

そして、とても静かだ。開発者によると、最近では静かなクルマが増えたため、ユーザーからタイヤの発する音を指摘されることが多くなったとのこと。それに応えることも念頭に含め開発された「ECOPIA EX20」は、静粛性にも優れている。

また、低燃費タイヤは腰が弱いといわれがちだが、ウェット性能向上のためパターンの剛性を上げたという。

そのためブロック剛性も高くなっていることも効いてか、走り終えてトレッドを見たところ、「NEXTRY」はブロックの端が欠けていたのに対し、「ECOPIA EX20」は低燃費タイヤの減り方ではないように思えたほど、全体的にキレイに減っていた。

「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのドライ周回路テスト試乗
ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20RV

続いて、「ECOPIA EX20RV」を装着したセレナに単独試乗した。

基本的には同じコンセプトでつくられているタイヤだが、ミニバンの特性に合わせて、横方向の剛性を高めてふらつきを抑制している。

見た目ではトレッドパターンの内側がディンプルになっているのが特徴だ。

「ECOPIA EX20RV」を装着したセレナでのドライ周回路テスト試乗
「ECOPIA EX20RV」を装着したセレナでのドライ周回路テスト試乗「ECOPIA EX20RV」を装着したセレナでのドライ周回路テスト試乗

ドライブすると、先のプリウスと同じようなしっかり感がある。

加えて、他社のミニバン用タイヤでは、サイドの剛性を高めたために突っ張った乗り味になっているものも見受けられるが、「ECOPIA EX20RV」にはその感覚がなく、快適な乗り心地が確保されている。

また、ロールが抑えられたことも効いてか、タイヤの発生する横力の左右バランスだけでなく前後バランスもよくなったように感じられ、スラロームを試しても挙動がつかみやすく、運転しやすいように感じられた。

据え切り時の偏磨耗も考慮

ECOPIA EX20Cを装着したダイハツ タント自動車評論家の岡本幸一郎さん

最後に、「ECOPIA EX20C」を装着したタントで据え切りを試した。

ラグ溝を貫通させない内側のパターンを採用したことで、据え切りによる偏磨耗が抑えられるという。買い物などで狭い駐車場で日常的に据え切りを繰り返すユーザーにとって、メリットは小さくないといえそうだ。

「NEXTRY」もリーズナブルな低燃費スタンダードタイヤとして好バランスを誇る商品だが、 ドライでもウェットでも「ECOPIA EX20」はあらゆる面で大きく上回り、その差は実勢価格の差よりもずっと大きな価値があったように思う。

一度替えたら、しばらくカーライフをともにするタイヤ。

だからこそ、いいものを多くの人に薦めたいという素直な気持ちから、より高い性能と快適性を求める心あるユーザーには、「ECOPIA EX20」シリーズをオススメしたい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!