autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子 3ページ目

試乗レポート 2013/12/18 15:00

トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子(3/4)

トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子

『トランパス Lu II』 ~プレミアムミニバン専用タイヤにエコ性能もプラス~

トランパスLU2の溝を指し示す、自動車評論家の飯田裕子さんトランパスLU2走行

ラグジュアリーミニバンにカテゴライズされているアルファードやエルグランドなどのLクラスミニバン用タイヤでは、しっかり感だけでなく、上質な乗り味を生む静粛性や快適性が求められる。さらに今回モデルチェンジしたトランパスLu IIでは、先代ではカテゴライズされていなかった低燃費タイヤとしての環境性能をも追求している。

テストコースで実際に新旧のモデルを比較試乗してみると、まず低速でピットロード上に用意された縄の上を通過した際から、雰囲気が違う。その違いを少々大袈裟に表現するなら、先代のLuは丸くて細い鉄の棒の上を通過しているような硬質さが感じられたが、Lu IIでは同じ太さの質感はあるも材質はゴムのように感じられるような違いがある。

コーナーリングを試してみると、先代ではタイヤのグリップ感はあるものの、上半身までの安定感にやや物足りなさを感じたのに対し、Lu IIは60~70km/hで走っているときからボディのロール感が消えている。おかげでハンドリングのスッキリ感が明らかに違った。80km/hでレーンチェンジを試みると思わず「なるほど~」と呟くほど納得。ただ安定しているだけではなく、クルマ全体の一体感がまったく違い、同車種でありながら違うクルマのようだった。低溝容積化やワイドトレッド化は、安心感のあるハンドリングやコーナリングパワーを上げるのに効いている。踏ん張りも効くが突っ張った感じでもなく、ムダな挙動の少ない車内では、同乗者にとっての快適さも違う。これはLu IIを履いたアルファードで一般道に出た際に、編集者との同乗で同意が得られた点でもある。サーキット走行では、コーナリングから立ち上がる際の再加速での発進の食いつきや、アクセルを踏んだときにしっかりと路面を捉える感覚も違った。

より静かに、よりエコに進化

トランパスLU2突起乗り越しトランパスLU2 レーンチェンジの様子

静粛性についても違いがみられた。コーナーでハンドルを切った際に聞こえる「シャーッ」音や、アクセルを離しエンジンの音がなくなったとき聞こえる風切り音に近い音など、一般的に高周波と呼ばれる系統の音、さらに突起を通過する際のボコン、ボコン音もLu IIでは格段と静かになっていた。静粛性を高めるために、高周波パターンノイズを低減するピッチ分散やパターン設計を取り入れているのだ。「大型ラグジュアリークラスのミニバン専用タイヤということで、しっかり感は根本から外せなかった」とトーヨーの開発者の方は言う。その上で静粛性と快適性を上げているのが大きな特徴だ。

8年前に出したLuはリピート率も販売率も高いタイヤだったが、低燃費タイヤのジャンルに入っていなかった。今回はナノテクノロジーの採用により低燃費性能を確保。ラベリング制度のグレードは全サイズともに転がり抵抗がB→Aに、ウェットグリップ性能はC→bへと格段の性能向上を遂げている点にも注目したい。

[次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!