autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之 3ページ目

試乗レポート 2013/10/29 12:03

KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之(3/3)

Text: 嶋田 智之 Photo: KTM
KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之

やっぱり走りはスーパースポーツ級

KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之 公道試乗 6KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之 公道試乗5

とはいえX-BOWの真髄は、やはりその驚くほどのスポーツ性の高さにある。

ドライバーの背後に位置する1984cc直4ターボエンジンは、285hp/6400rpmと42.8kg-m/3200rpm。窓の追加などで50kg近く重くなってはいるが、それでも車重はたったの847kgだから、その加速力は強烈だ。3000rpmを超えるか超えないかの辺りから一気に力を放出していく感じで、500ps級のスーパーカーにも匹敵する勢いでスピードを上げていく。

シャシーは相変わらず絶品で、いかにもミッドシップらしく鋭く正確にインを差すが、いっぽうでミッドシップとは思えないほど全体的に挙動が掴みやすくコントロールもしやすい。リアタイヤがグリップを失って滑り出すときも、いきなりスパッとテールを振り出すのではなく、スルッと穏やかに流れ始めるのだ。慣れてさえしまえばずっとドリフト走行を楽しみ続けられそうなほどに従順な性格を持ってもいる。この辺りはロータスの得意分野だけど、全く遜色のないレベルに達していると思う。

“アメ”にも強くなった“ハレ”のスポーツカー

KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之 サーキット・テストコース試乗 4KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」海外試乗レポート/嶋田智之

X-BOWは、極めて良くできた超軽量級スーパースポーツカーだ。そのうえ、どこをどう走っても目立つことこの上ない。

もしあなたが走ることが好きで、スポーツカーは“ケ”より“ハレ”が大切だと考えているなら、“アメ”にも強くなったこのX-BOW GTが素晴らしいチョイスになることは間違いない。これでようやく遠慮なしにこのクルマを人様にオススメできるようになったというものだ。

[レポート:嶋田智之]

「KTM X-BOW GT」主要諸元[欧州値]

KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」

全長x全幅x全高:3738x1915x1202mm/ホイールベース:2430mm/乾燥重量:847kg/乗車定員:2名/駆動方式:後輪駆動(MR)/エンジン種類:Audi製 2.0 TFSI 直4 DOHC ガソリン直噴 ターボエンジン/総排気量:1984cc/最高出力:285hp(210kW)/6400rpm/最大トルク:420N・m/3200rpm/トランスミッション:6速MT/サスペンション形式:(前後)ダブルウィッシュボーン式/タイヤサイズ (前):205/40R17/(後):255/35R18

◎関連リンク:

クロスボウ ジャパン(ズーム)

KTMジャパン

KTMは、間もなく開幕の東京モーターショー2013にも出展予定。2輪モデルとともに「X-BOW GT」にもお目にかかれそうだ。こちらもお楽しみに!

KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」 走行シーン6KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」 走行シーン7KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」 走行シーン5KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」 走行シーン4KTM「X-BOW(クロスボウ) GT」 走行シーン2
筆者: 嶋田 智之
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!