autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー 新型クロスオーバー「キャプチャー」試乗レポート/藤島知子 3ページ目

試乗レポート 2014/1/28 11:59

ルノー 新型クロスオーバー「キャプチャー」試乗レポート/藤島知子(3/4)

関連: ルノー , ルノー キャプチャー Text: 藤島 知子 Photo: オートックワン編集部
ルノー 新型クロスオーバー「キャプチャー」試乗レポート/藤島知子

乗ってるだけで楽しくさせてくれるインテリア

ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]

インテリアを見ると、飛行機の翼をモチーフとしたダッシュボードにはナビをビルトインできるパネルを備えているほか、操作パネルやエアコンの吹出口を囲むリング、ステアリングの一部には艶やかなピアノブラック調の加飾パネルが上質感をクールに演出している。全体のディテールは4代目ルーテシア同様だが、アイポイントが高めで見晴らしのいいクルマということもあって、広々とした視界感覚が得られるのもキャプチャーならではのメリットといえる。

ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]

インテリアで特筆すべきものといえば、上級仕様のインテンスに標準装備される着せ替えシート。ブラック内装に華を添えるデザインもさることながら、ジッパーでシートクロスが取り外せて4回まで洗濯できる。また、8種類のバリエーションも用意されているので、季節やシーンに合わせて着せ替えもOK。ルノーのエンブレムをアレンジしたものやコンセプトカーのタイヤ痕をあしらったデザインも用意されていたりして、またまた心をくすぐるニクい演出といえる。

ファミリーユースにも最適なゆとりの後席空間

ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]

気になるユーティリティ面も、ファミリーユースや趣味に利用したい人には嬉しい実用性も備えている。

FFモデルということで、リヤシートは床面がフラットで左右に移動がしやすい形状であるほか、後席乗員の膝周りの空間はルーテシアよりも75mmほど拡大されており、ルノーの2クラス上のミニバン並みのゆとりが得られた広々設計。さらには、後席の座面が前後に160mmスライドするので、後席に乗員が座っている時でも荷室スペースと膝周りのスペースをその時の都合に応じて配分できる。

デザイン重視なのに広い空間も確保! これぞフレンチ流マジック

ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]

また荷室には2段階式で高さが変えられる耐荷重120kgのラゲッジボードを備えていて、上の段にセットして60:40の後席の背もたれを倒すと、大きい荷物を安定して積み込めるフラットな床面をもつ荷室空間が現れる。

日産 ジュークのようなデザイン優先のモデルの場合、大抵は荷物の積載性はイマイチなものだが、フランス生まれのルノー キャプチャーの荷室開口部は正方形に切り取られ、広めの荷室空間を備える。個性派スタイルでありながら、箱形の荷物も出し入れしやすい実用性を併せ持つモデルであることが分かる。

[次ページに続く]

ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:イヴォワール/エトワールM]ルノー キャプチャー「インテンス」[ボディカラー:オランジュ ルシヨンM/イヴォワール]ルノージャポンの マーケティング部 マネージャー フレデリック・ブレン氏が「ジップシートクロス」をプレゼン中[ルノー キャプチャー 試乗会場]

ルノー キャプチャー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー の関連記事

ルノーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー の関連記事をもっと見る

ルノー の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28