autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ルノー 新型カングー・クルール 発表会速報

新型車リリース速報 2011/7/1 15:19

ルノー 新型カングー・クルール 発表会速報

ルノー 新型カングー・クルール 発表会速報

世界広しと言えど、ピンクは日本だけ!

ルノー・ジャポンは1日、日本でも人気が高いカングーに洒落たカラーリングを施した追加モデル、カングー・クルールを新たに投入すると発表した。

メガーヌRS、メガーヌ、トゥインゴ・ゴルディーニと、今年に入ってすでに3台の新型車を投入しているルノー。今回のカングー・クルールの後にも、2シーターオープンの「ウィンド」の日本導入が控えているなど、まさに今年はルノー祭りといった感じだ。

さて、そんなルノーが新たに投入したカングー・クルールについてだが、そもそもカングーとは、ルノーのグルーバルブランドにおいても言わずと知れた人気モデル。日本市場においては、2002年3月の発表から現在に至るまで、累計で11,394台を販売。ルノー・ジャポン総販売台数においても約6割をカングーが占めるといった具合だ。

しかも欧州諸国では、カングーは乗用タイプと商用タイプを用意しているのに対して、日本は乗用タイプのみ。にもかかわらず多くの支持と販売台数を得ているのは率直に評価すべき点である。まず人気の秘密はなんといってもファッショナブルでかわいいデザイン。購入動機も百人十色、中でも「一目ぼれ」という声が一番多く、若いファミリー層に人気なのだとか。

「愛くるしいフォルムや、随所に見られるフレンチタッチのデザインテイストは、 多くの人を魅了し、それが人気につながっている。このクルマにはフランスがギュッと詰まっている」と、ルノー・ジャポンの大極COOは話す。まさにかわいさあってのカングーというわけだ。

今回登場したカングー・クルールは、カラーリングが特長のモデル。日本仕様にはオレンジ、グリーン、ブルーメタリック、ピンクの4色を設定。中でも注目なのはピンク。実はフランスにあるカングーの製造工場では、カングー専用に300色のカラーを用意している。しかし、このピンクをまとったカングーは未だかつて存在していなかったのだ。世界中探しても、今回の日本仕様のカングー・クルールでしか見ることができない。つまりかなりのレアカラーというわけだ。

現地のフランス人作業員からも「おまえら正気か?」と疑われたというエピソードもあったほど。やはりインパクトが強すぎ?という点は否めないようだ。

一方で他の3色については、実は70年代に登場したルノー・5(サンク)に使用したカラーを復活採用したもので、こちらは各色90台の限定となる。どれも鮮やかなカラーリングが光るカングー・クルール。大極COOは「日本の街にはカラフルな色が少ない。せめて乗る人の個性を色で引き出せたらと考え、こういったテイストのカラーリングを用意した。」と話す。

そんなカングー・クルールは、昨年モデルでは3色各30台という限定台数から、即日完売という人気を博しており、今年は全色でトータル300台の限定車としている。何度も言うが世界広しと言えど、カングーのピンクはこの日本でしか手に入らない。しかもピンクはなんと限定30台のみという。これは早いもの勝ちだ!

その他ではフロントとリアの樹脂製ブラックバンパーをこれまでよりも大型化させたほか、ブラックドアミラー、ブラックリアランプガーニッシュを特別装備するなど、より愛着が沸くユニークなエクステリアを見せている。

販売開始は7/9(土)から。さあ、あなたもユーティリティ溢れるカングー・クルールで、フレンチポップな世界を体験してみてはいがだろうか。

●【カングー・クルール主要諸元】

●【価格】

ルノー カングー・クルールルノー カングー・クルールルノー カングー・クルールルノー カングー・クルールルノー カングー・クルール

ルノー カングー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー カングー の関連記事

ルノー カングーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー カングー の関連記事をもっと見る

ルノー カングー の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23