autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート プジョー 308CC 試乗レポート

試乗レポート 2009/5/14 13:07

プジョー 308CC 試乗レポート(1/3)

関連: プジョー 308 Text: 石川 真禧照 Photo: 島村栄二
プジョー 308CC 試乗レポート

プジョーから新しいオープンエアーな風

フロントスタイル(クーペ)

プジョーのミドルクラス、308シリーズにCC(クーペ・カブリオレ)が加わった。

プジョーといえば98年に20heart(ニーマルハート)という、206ベースのオープンカーを発表。これが後に206CCとなって市販されたのだ。四人乗りで、ルーフはメタルトップ。でもこれがスイッチひとつで2分割され、トランクに収まってしまう。名前の由来はメタルトップなので閉じているときはクーペの容姿。そして開ければコンバーチブルになるので、頭文字をとってCCと名付けられたわけだ。

デビューしてからの206CCはそのキュートなスタイルから、たちまち欧州のカブリオレ市場でベストセラーカーになった。2003年には307をベースにした307CCも登場し、こちらも人気車種になったのだ。

もともとプジョーは1934年に401エクリプスというクルマを発表したのが、CCのはじまりである。これはルーフをそのままトランクに収納する方式のオープンカーで、パリの町ではたちまち話題の車種になったという歴史がある。

欧州の中でも冬長い地方に行けば、少しの晴れ間でも太陽の光を浴びたい、という気持ちがある。だから206や307のようなファミリーユースの4シーターにも、オープンカーが積極的にラインナップされているのだ。

実際に206CCは欧州で65万台も売れた。日本でも308CCの前身である307CCは、307シリーズのなかでも20%近く販売を占めている人気グレードなのだ。日本市場では307CCのユーザーは30~40代の人たち。207CCが20代から人気なのに対し、若干ユーザーの年金層は高め。

その理由としては、やはりボディサイズの大きさと、居住空間の広さがある。 今回、日本市場に投入される308CCは、ハッチバック、SWに次ぐ第3のモデルになる。

フロントスタイル(カブリオレ)リアスタイル(カブリオレ)フロントビュー(カブリオレ)リアビュー(カブリオレ)サイドビュー(カブリオレ)

プジョー 308 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円