autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 ティアナ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/6/27 16:07

日産 ティアナ 試乗レポート(3/4)

関連: 日産 ティアナ Text: 河村 康彦 Photo: 原田淳
日産 ティアナ 試乗レポート

パワー溢れる3.5と、エコノミー性重視の2.5

走行2

2.3/3.5リッターの6気筒という従来型の基本エンジン・バリエーションに対し、新型では2.5/3.5リッターという排気量を展開。ただし、4WD仕様のエンジンが2.5リッターの4気筒モデルというのは、従来型の場合と同様だ。

当然ながら、より力感溢れる走りを味わわせてくれるのは3.5リッター・エンジン搭載車。エンジントルクに余裕があるので、常にアクセル踏み込みが少量→CVTが可能な限り低いエンジン回転数を選択・・・と、静粛性も極めて優れたものとなる。それに比べると、2.5リッター車は、全般に使用するエンジン回転数が幾分高め。理屈上はその分エンジン音も高まるはずだが、こちらも静粛性は、“高級セダン”として十分納得の行くものだ。

一方、そんな2.5リッター・エンジンの見逃せない特長は、レギュラーガソリン仕様である事。3.5リッター車との間には、“燃費”の違い分以上の“燃料代”の違いが生じる事になる。

フットワークは快適性重視のセッティング。ステアリング・ギア比が遅めな事もあり、スポーティな走りの感覚は薄い。ただし、安定性は走りのシーンを問わず高く、その点では「なかなかポテンシャルの高い足回り」の表現は可能だ。ただし、不安定挙動をカバーしてくれるESC(日産名“VDC”)の標準装着が3.5リッター・モデルに留まるのは、“高級セダン”としては大いに不満。17インチ・シューズ装着車では最小回転半径が大きめになるのも、グレード選択の際には要注意のポイントだ。

3.5Lエンジン2.5Lエンジンメータータイヤ走行3

日産 ティアナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ティアナ の関連記事

日産 ティアナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ティアナ の関連記事をもっと見る

日産 ティアナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23