autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 注目される自動運転技術、実現に向けた課題とは 2ページ目

自動車評論家コラム 2015/8/18 13:31

注目される自動運転技術、実現に向けた課題とは(2/2)

関連: 日産 , トヨタ , レクサス , アウディ Text: 西村 直人
注目される自動運転技術、実現に向けた課題とは

キーワードは「自律自動運転」

自動車ユーザーの自動運転に対する期待値は千差万別だが、同じように世界中のエンジニアたちも個々の想いのなかで自動運転の技術を創り上げている。

しかし、各国各地で多角的な研究が進むにつれ、そうした期待値や技術は徐々にひとつの方向性を見出すようになる。

その方向性とは「自らを律して自動的に運転操作を行なう」、つまり「自律自動運転/Autonomous Driving」という考え方だ。ドライバーが状況を判断して次の行動を決めていくように、自律自動運転のシステムも、センサーからの情報を解析し次の行動を選択していく。

これは、単にプログラムに則って操作の一部を自動化する従来の「自動化」という概念を超えた、状況に応じた臨機応変な判断をシステムに委ねるという一歩踏み込んだ発想だ。

世界各国ではじまる標準化に向けた取り組み

アウディRS7 自動運転コンセプトカー

現在、自律自動運転の実現に向け世界中で検討が行われている。北米ではSAE(アメリカ自動車技術会)/NHTSA(アメリカ運輸省道路交通安全局)、欧州では欧州SMART64プロジェクト、ドイツではBASt(ドイツ連邦道路交通研究所)、世界規模ではOICA(国際自動車工業連合会)といった組織があり、それぞれが自律自動運転の定義となる枠組みを4~8段階に分類すると公表している。

日本では、内閣府によるSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)のひとつとして「自動走行システム」が掲げられ、関連4省庁とされる警察庁/総務省/経済産業省/国土交通省が連携をとりながら、2020年代後半を目処に「ドライバーが全く関与しない状態での自律自動運転(≒現時点で考えられる最高水準の自律自動運転)」の実現を目指す。

こうした各国での取り組みは、言い換えれば自律自動運転の枠組みや範疇を定義するものだ。各々議論が深まったとしても、世界中で寸分違わぬ枠組みひとつで運用されることはないだろうが、NCAPがそうであるように、ハーモナイズされた案が各地域で採択されることは間違いない。

これこそ現実的な自律自動運転実現に向けた第一歩であり、前述した「世界的な統一見解」を生み出す原動力になる。

直近での課題は、めまぐるしく変化する交通環境にリアルタイムで適合する「プログラム自動生成技術」の開発だ。北米、欧州、そして日本の自動車メーカーはどんな取り組みを行なっているのだろうか。

次回からは、各社毎の取り組みをみていこうと思う。

[Text:西村直人]

筆者: 西村 直人
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22