autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ マイナーチェンジ(2012年モデル) 試乗レポート/国沢光宏

試乗レポート 2012/12/12 18:51

日産 リーフ マイナーチェンジ(2012年モデル) 試乗レポート/国沢光宏(1/2)

関連: 日産 リーフ Text:
日産 リーフ マイナーチェンジ(2012年モデル) 試乗レポート/国沢光宏

外見は変わらないけれど、その中身は大きく進化を遂げた日産 リーフ

2012年11月にマイチェンされた日産 新型リーフと国沢光宏氏

日産 リーフを愛車に持つ国沢光宏氏による、2012年11月にマイナーチェンジが施された新型リーフの試乗記!航続距離が延びたほか、数々の改良が施された新型リーフを、国沢氏はどのように評価するのか!?

電気自動車に限らず、どんな分野でも「先駆者」はカンペキじゃない。

ハイブリッド車の始祖となる初代プリウスだって数多くの弱点を持っており、2年目のマイナーチェンジで外観の変更こそ行わなかったものの、制御系はもちろん車体構造まで作り替えるなど大変更を行っている。新しい技術は進化が大きい、と言い換えることが出来ます。

そして、電気自動車も全く同じ。

従来型の開発末期になって次々と新しいアイデアが出てきたという。当然ながら発売までに間に合わず、見切り発車となってしまった。その時に採用できなかった技術を、今回のマイナーチェンジに盛り込んで来たというワケ。

リーフの弱点の一つ、航続距離が伸びた!

日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)

マイナーチェンジにおける最大の「進化」は、リーフの弱点と言われていた航続距離。

カタログデータだと「前期型に対して14%伸びた」となっている。けれど、車載の電費計(ガソリン車の燃費計に相当)を見ると、同じ区間を同じペースで走ったなら、8km/kWh前後。私が持っている前期型と大差なし!

しかし、満充電後90kmほど走った後の「残走行可能距離」を見ると、新型は70km。私の前期型が40km。つまり、新型なら安心して90km+40kmの130kmくらい走れるものの、前期型だと90km+20kmの110kmくらいしか走れないということになる。

電費計の表示が厳しくなったのか、それとも搭載している電池の容量をフルに使い切れるようになったのか、カタログ通り電費が14%良くなったのか現時点で不明ながら(日産に聞いたら調べてみます、とのこと)、私の乗り方ならストレスを感じることなく130km走れるようになった。

これだけ走れれば、何の問題も無し!

平均車速20km/hの東京都内であれば6時間半稼働してくれるし、片道65kmの距離までなら充電無しで行って帰ってこられる。

従来型だとギリギリの箱根や前橋、河口湖といった年に数回行くような場所も10%の余裕を持って届く。

日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)日産 リーフ マイナーチェンジモデル(2012年モデル)

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25