autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 ジュークR 試乗レポート/河口まなぶ

試乗レポート 2013/9/17 15:09

日産 ジュークR 試乗レポート/河口まなぶ(1/2)

関連: 日産 ジューク , 日産 GT-R Text: 河口 まなぶ Photo: 日産自動車株式会社
日産 ジュークR 試乗レポート/河口まなぶ

とてつもない性能を誇っているが『ちゃんと走れるのかな?』

日産 ジュークR
日産 ジュークR日産 ジュークR

灼熱の滑走路の上に、そいつは佇んでいた。遠目から見ても明らかに、“無理矢理作った感”が漂う。取ってつけたオーバーフェンダーと、リアのハッチにそびえる大きなウイング。そしてボディに塗られたマットブラックのカラーには、ホコリがうっすらと積もっている。

正直、『大丈夫?』と思った。『ちゃんと走れるのかな?』という意味だ。カリフォルニアで開催された日産360というイベントの会場にモンスターマシン、「ジュークR」はそんな風に佇んでいた。

多くのジャーナリストが試乗するため、与えられた周回数は1周のみ。使われなくなった空軍の滑走路だったその場所に、パイロンを使って作られたコースを走るという、極めて簡単なテストだった。

日産 GT-R

幸いにも「ジュークR」を走らせる前に、同じコースを「GT-R」で試すことができた。高速/中速でダブルレーンチェンジするようなコーナーが組み合わせられ、タイトなターンが2つ。正直、アッという間に試乗は終わる。

しかも「GT-R」はご存知のように速いマシン。瞬く間に試乗が終わった。「ジュークR」を走らせる前に乗れて、コースがなんとなく分かった…程度だが。

“6000万円!”

日産 ジュークR日産 ジュークR

いよいよ順番が回って来た。ドアを開けて乗り込もうとすると、ロールケージが足下を邪魔する。シートはバケット。座ると4点式シートベルトを締められた。リアにシートはなく、ロールバーのジャングルジム状態。

目の前に広がるダッシュボードは、ジュークのそれに無理矢理「GT-R」のメーターが埋め込まれたもの。作りは荒い。これが“6000万円!”正直、もう少しなんとかしてほしいなと思う造作だ。

「ジュークR」の成り立ちはつまり、「GT-R」のシャシーを短くして、そこにジュークのボディを被せたもの。だからタイヤ&ホイールに始まりサスペンションやAWDシステムなどは全て「GT-R」のもの。ただしエンジンは485psにデチューンされているという。しかも車両重量は「GT-R」よりも重く、1.8tを超える。しかしそれでも0-100km/h加速は3.7秒、最高速は257km/hと、とてつもない性能を誇っている。では走りは?

日産 ジューク 関連ページ

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26