autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース オリックス、都内5ヶ所で電気自動車のカーシェアリングを開始

自動車ニュース 2011/2/28 18:19

オリックス、都内5ヶ所で電気自動車のカーシェアリングを開始

日産 リーフ

オリックス自動車株式会社は、2011年3月1日から2013年3月31日までの間、財団法人東京都道路整備保全公社(以下、公社)と共同で電気自動車(EV)を使用したカーシェアリング事業を実施する。

今回、公社が運営する駐車場をカーステーションとして利用。

EVを導入する駐車場は、

①錦糸町パークタワー/日産 リーフ

②丸ノ内鍛冶橋駐車場/日産 リーフ

③六本木駐車場/日産 リーフ

④西新宿第四駐車場/三菱 i-MiEV

⑤上板橋駐車場/三菱 i-MiEV

の5ヵ所で、駐車場にはEV用充電設備(急速充電器1機、200V普通充電器1機)を設置。

EVは各駐車場に1台ずつ導入し、ハイブリッド車も配備する駐車場では、「短時間・短距離利用はEV、長距離・長時間利用にはハイブリッド車」といったEV・ハイブリッド車それぞれの特性に合った利用方法を推奨していく。

西新宿第四駐車場では、モデル事業として既に公社が所有しているEVを活用し、平日の業務時間中は公社職員が利用し、業務時間外はオリックスカーシェア会員のユーザーが利用できる。

オリックス自動車では、2002年の事業開始当初からEVを使用したカーシェアリング事業を展開。

東京都においては、2010年3月からは荒川区、11月からは環境局と共同でEVカーシェアリング事業を開始している。同社では、今後も自社の事業活動における環境対策を推進するとともに、カーシェアリングの持つ利便性・経済性に加え、「安全性」を重視しながらネットワークの充実を図ることで、地域や社会からのニーズに応えるとともに、環境負荷低減に積極的に取り組んでいくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!