autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、パリモーターショーで508を世界初公開

自動車ニュース 2010/9/17 11:49

プジョー、パリモーターショーで508を世界初公開

関連: プジョー
プジョー 508

プジョーは、これからパリモーターショーでいよいよ508を発表する。この新しい大型ツーリングカーは、プジョーブランドの力強いデザインと感性を表現しており、“移動”と“環境”という挑戦に対するプジョーの明確な回答であり、移動性創出に向けた新たなアプローチ、-モダンで効率的、特徴的である-ことを示している。

プジョー 508

ワールドプレミアとして、世界デビューを果たすプジョー508は、大型ツーリングカーセグメントにおいてプジョーブランドの新しいデザインのスタイルを体現している。

プジョー508の力強いデザインや感性は、以下の要素と融合している。

・ 新世代「e-HDi」と「HYbrid4」テクノロジー

・ スリムで威厳があり、ダイナミックな美貌

・ すでに高い評価を得ている、高品質と快適な室内空間

・ 長期にわたりブランドが蓄積してきた、専門技術に基づく独自のドライビング体験

508は、今後海外へも攻勢をかけていく。508の両モデル(サルーンとSW)とも2011年初頭から、まずは欧州で販売する。

iOn

初の新世代都市型100%電気自動車である「iOn」は、法人及び個人の双方をターゲットにしている。静粛性に優れており実用的、かつ元気のある車として、優れた「容量/サイズ」と比類なきハンドリングの恩恵を受けている。本年末より1か月500ユーロ以下で利用可能なiOnユーザーは、各種サポートサービス(アフターサービス&プジョーならではサービス、“Peugeot Connect”及び、“Mu by Peugeot”)も利用できる。

プジョー3008ハイブリッド4

世界初のディーゼルハイブリッド車の発売により、プジョーは環境効率と新しいドライビング体験に関して新たな提案を行う。

3008クロスオーバーでは、ディーゼルエンジンのハイブリッド化(2.0リットル FAP 120kW/163bhp)と最大容量27kW(37bhp)の電気モーターを組み合わせ、以下を実現した。

・ 四輪駆動

・ 最大出力200bhp

・ ZEVモード(ゼロエミッション車)

・ 3.8リットル/100 km

高水準の仕様に加え、CO2排出量も内燃エンジン車に比べ35%と大幅に少ない99g/kmを実現、お客様にとってもそのメリットは大きいと期待されている。

“Mu by Peugeot ”

プジョー車、またはスクーターを取り扱うディーラーを通して、通常の車だけでなくスクーターや自転車、電動自転車、さらには部品(チャイルドシート、ルーフボックス等)を誰でも借りることができるサービス。このような移動性を快適にする新しい事業は、2010年からスタートした。

パリで先陣を切り、ベルリン、マドリッド、ミラノが続き、さらに最近ではアントワープ、ブリストル、ブリュッセル、ロンドンが加わるなど、“Mu”は瞬く間に欧州7都市に広がっている。パリモーターショーの開催日に合わせて、“Mu”ではオンラインまたはiPhoneでの予約サービスも始まる。

Peugeot Scooters:電気がもたらす新しいセンセーション

欧州で4番目に大きいメーカーであり、かつ世界最古のモーター付き二輪車のグローバルブランド、そして、電動スクーターのパイオニアでもあるPeugeot Scooters から、新しい電動スクーター“e-Vivacity”を届ける。発売は2011年初頭を予定している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円