autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ルノー・日産、アイルランド政府と電気自動車普及に向けて具体策

自動車ニュース 2010/4/13 14:21

ルノー・日産、アイルランド政府と電気自動車普及に向けて具体策

電気自動車

ルノー・日産アライアンスは12日、アイルランド政府および同国最大の電力事業者であるESBと電気自動車の普及、促進のために具体的な方策をを発表した。

三者は、昨年4月に覚書を締結し、アイルランドでの電気自動車普及促進の検討を同国政府と進めてきた。本日の合意には、ESBによる全国的な電気自動車充電インフラの開発、ルノー・日産アライアンスによる2011年からの電気自動車の供給、アイルランド政府による電気自動車普及サポートのための措置や優遇策が盛り込まれている。

アイルランド政府は、2020年までに同国内の自動車の10%を電気自動車に置き換えることを目標に、電気自動車購入者に対し5,000ユーロの補助金を交付することも発表した。購入者は自動車登録税も免除されることになる。また、ルノー・日産アライアンスは、2011年に2000台の電気自動車をアイルランドに投入する。

ESBは、本パートナーシップの下、2011年12月までにアイルランド全土の3,500箇所に充電器を設置していく。ダブリンではすでに充電器の設置が始まっており、今後、コーク、ゴールウェイ、ウォーターフォード、リマリックにも設置される予定である。また、ESBは、2011年末までに急速充電器を30箇所に設置する計画であり、そのうち9箇所については本年末までに設置が完了する。

ESBは、全ての自動車メーカー、エネルギー供給事業者が利用できるようなインフラの整備を行っている。ESBは、インフラのテストを行い、運転の傾向、使用パターン、電気自動車により生み出される新たなライフスタイルについての検証を行うのに必要なデータを収集する目的で様々な実験や試験を実施していく。

ルノー・日産アライアンスは、「ゼロ・エミッション車でリーダーになる」という目標を掲げており、世界各国の政府や自治体、企業などと合わせて既に50件を超えるゼロ・エミッションモビリティに関するパートナーシップを締結している。日産は、2011年初頭、アイルランドで5人乗りの電気自動車「日産リーフ」を発売する。ルノーは、同年後半に、電気自動車の小型商用車バージョンである「カングーZ.E.」を投入し、また、同年末には、アイルランドで実施予定のパイロット・プロジェクト用に「フリューエンスZ.E.」の試作車100台を供給する。「フリューエンスZ.E.」は、一般のお客様向けおよび商用のセダン型電気自動車であり、アイルランドでの発売は2012年の予定である。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20