autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業の協業を検討へ

自動車ニュース 2017/12/13 16:12

トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業の協業を検討へ

調印式の様子

トヨタと、パナソニックは2017年12月13日、車載用角形電池事業について協業の可能性を検討することに合意した。

今回の合意は、地球温暖化、大気汚染、資源・エネルギー問題という社会問題の解決に貢献し、また、電動車への需要と期待の高まりに応えるために、電動車の中核となる車載用電池の更なる進化を目指すものである。

両社は、1953年の取引開始以来、長年にわたり、モノづくりに携わる者として互いに切磋琢磨してきた。昨今両社を取り巻く環境が激変する中、日本発のモノづくりで世界に貢献するため、信頼できるパートナーと従来の枠を超えて、新しい価値創造に挑んでいくことが重要との認識で一致した。

トヨタは、持続可能なモビリティ社会の実現に向け、世界初の量産ハイブリッド車のプリウスを発売し(1997年)、燃料電池自動車 MIRAI(ミライ)を発売する(2014年)など、困難な課題に挑戦してきた。これまで磨き続けてきた、車両電動化技術および商品化における知見や蓄積をもとに、ユーザーのライフスタイルや地域性に適合した、HV、PHV、FCV、EVなどさまざまなエコカーの開発に取り組んでいる。

パナソニックは、車載用リチウムイオン電池事業を重点事業の一つと位置づけており、車載用電池に求められる様々な要求事項を実現させる技術力が評価され、世界の多くの自動車メーカーで採用されている。現在、車載用角形電池については、これまで培ってきた電池事業での技術的な知見やノウハウを活かし、さらに安全で高容量の電池の実現に向け挑戦を続けている。

トヨタとパナソニックは電動車の一層の普及に向けて、車載用電池の性能・価格・安全性等の更なる進化と安定供給能力の重要性を認識している。今回、両社は業界ナンバーワンの車載用角形電池を実現し、トヨタのみならず、広く自動車メーカーの電動車の普及に貢献すべく具体的な協業内容を検討していく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ MIRAI の関連記事

トヨタ MIRAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ MIRAI の関連記事をもっと見る

トヨタ MIRAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/26~2018/5/26