autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、炭素製品メーカーのSGLグループと合弁会社設立を発表

自動車ニュース 2009/11/5 09:50

BMW、炭素製品メーカーのSGLグループと合弁会社設立を発表

関連: BMW

BMWは、車体の原料となる、炭素繊維と炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の生産にあたり、ドイツの炭素製品メーカー「SGLグループ」と合弁会社を設立することを発表した。双方は10月29日、初期投資として総額9,000万ユーロを出資する合意に至った。

両企業間の合弁事業は2つの新会社をベースに運営される。一方は北米のSGLオートモーティブ・カーボン・ファイバー(Automotive Carbon Fibers)社、もう一方はドイツのSGLオートモーティブ・ファイバーズ(Automotive Fibers)社。出資額については、BMWグループが49%、SGLグループが51%の割合で負担する。新設された2つの会社の運営について、両グループは、共同親会社となる。企業内の決議は双方の合意に基く。今回の合弁会社の設立は、北米とドイツにおいて180名分の雇用を創出する。

合弁企業の内容の詳細は、部品の購入段階からリサイクルにいたるまで、すべてのバリュー・チェーンに反映される。資源保護が可能となるCFRPの製造は、当社にとって、優先順位の高い事項である。炭素繊維を製造する上で必要とされるエネルギーは、環境に配慮した、水力発電で供給される。このような高い環境性能は、北米において炭素繊維の製造所を操業する際に要求される前提条件のひとつ。原材料は第2の場所であるドイツで、炭素繊維に加工される。この耐久性のある軽量素材は、BMWグループ内の工場において、パーツやコンポーネントなどの部品に製造加工される。

軽量化設計はここ数十年間、BMWグループが尽力している分野のひとつである。軽量化は燃費の改善につながる大きな要因。最先端技術である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の採用は、長年培ってきた技術をさらに推し進めることができる。CFRPはモータースポーツ車両だけではなく、BMW M6やM3クーペのルーフなど、量販車にも使用される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円