autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース SUPER GT第4戦セパン決勝、GT-Rが優勝

自動車ニュース 2009/6/22 12:20

SUPER GT第4戦セパン決勝、GT-Rが優勝

HASEMI TOMICA EBBRO GT-RHASEMI TOMICA EBBRO GT-R

2009 AUTOBACS SUPER GT第4戦「SUPER GT INTERNATINAL SERIES MALAYSIA」の決勝レースが、6月21日、セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)で行われた。GT500クラスはNo.3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R(ロニー・クインタレッリ/安田裕信組)が優勝。GT300クラスはNo.2 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden(加藤寛規/吉本大樹組)が優勝を果たした。

■GT500

レースは、ポールポジションのNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rが、スターティンググリッドに着いたところでミッショントラブルが発見され、ピットに押し戻されるという波乱の幕開けに。これで、予選2番手だったNo.3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R(ロニー・クインタレッリ)が実質トップからのスタート。スタート直後にジャンプアップを狙った後続を無難に抑え込み、30周を終えて安田裕信にバトンタッチする。

一方、2番手だったNo.18は接触。ペースが上がらないNo.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン>伊沢拓也)激しく追い上げてきたNo.17 KEIHIN NSX(金石年弘>塚越広大)がその後2位となる。

この2番手争いを尻目にNo.3 安田は快走。20秒近いマージンを築くとクルージングに入り、悠々と独走優勝を飾った。

ハセミ・モータースポーツのGT500クラス優勝は、昨年の第7戦もてぎ以来。クインタレッリは通算2勝目。安田はGT500クラス初優勝。日産GT-Rは今季3勝目。ミシュランタイヤのGT500クラス優勝は01年第3戦SUGOのマツキヨZENTトムススープラ(山路慎一/ワイン・ガードナー)以来となる。

2位に入ったNo.17 KEIHIN NSX(金石年弘/塚越広大)は今季初の表彰台。3位はNo.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン/伊沢拓也)となった。

ランキングトップのNo.24 HIS ADVAN KONDO GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)は5位。デ・オリベイラが少な目の燃料でスタートし、序盤には一時3番手まで順位を上げるが、上位陣で最も早い20周終了でピットインした後は、やはりウェイトハンデの重さが効いたのか、順位を下げた。だが、6ポイントを加算したことで依然としてランキングトップの座は守っている。

■GT300

GT300クラスで優勝したNo.2 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shidenは、予選でトップタイムをマークしながらウェイトハンデ搭載に関する規定違反で失格。決勝レースは、最後尾からのスタートとなったが、9周目には3番手、11周目には2番手まで上がってくる。ピットインはやや早め、20周目に行い、タイヤ交換と燃料補給、吉本大樹への交代をタイムロスなく済ませる。

この時点でトップにいたNo.19 ウェッズスポーツIS350(織戸学)は25周目にピットイン。こちらもピット作業にミスはなかったが、片岡龍也に交代してコースに戻ったときにはNo.2吉本の先行を許していた。

その後、この2台の差は詰まることなく推移。No.2は、最終的に9秒余りのマージンを保ったままトップでフィニッシュした。同チームの優勝は07年第6戦Pokka1000km(鈴鹿)以来。

2位のNo.19 ウェッズスポーツIS350(織戸学/片岡龍也)はこれで15ポイントを加算。ランキングをひとつ上げた。

3位はNo.7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7(谷口信輝/折目遼)。このコースを得意とする同チームは、今回はウェイトハンデが74kgに達し苦しいかと思われたのだが、予選11番手から谷口が6番手までポジションアップ。ピットでは得意のタイヤ無交換作戦を敢行し、ピットアウト後には3番手に上がることに成功していた。これでランキングトップに立った。

ここまでランキングトップだったNo.43 ARTA Garaiya(新田守男/高木真一)は82kgのウェイトハンデに加えて特別性能調整の見直しもあり、10位に入るのがやっと。トップの座を明け渡す結果となった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!