autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダの四駆システムが「日本機械学会賞」を受賞

自動車ニュース 2016/4/21 14:13

マツダの四駆システムが「日本機械学会賞」を受賞

関連: マツダ
マツダ CX-3 XD Touring Lpkg 4WD 6AT[18インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]
マツダ i-ACTIV AWD 雪上試乗会

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの研究者5名が社団法人日本機械学会より、新世代四輪駆動システム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブエイダブリュディ)」の開発において、2015年度日本機械学会賞(技術)を、緊急時の操舵アシスト技術と人間の感性に合ったステアリングホイールの特性に関する研究で、それぞれ日本機械学会奨励賞(技術)を受賞したと発表した。

日本機械学会賞は、一般社団法人日本機械学会により、「日本の機械工学・工業の発展を奨励する」ことを目的として1958年に設けられ、毎年、優秀な論文や技術などが表彰されている。

マツダ社員が日本機械学会賞(技術)を受賞するのは通算10回目で、この5年間では、「SKYACTIV-G」(スカイアクティブジー)」、「SKYACTIV-D」(スカイアクティブディー)」「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブドライブ)」に続き、4回の受賞となる。

なお、表彰式は、2016年4月21日(木)、明治記念館(東京都港区)で行われる。

日本機械学会賞(技術)

マツダ CX-5 XD L-pkg 6AT 4WD [19インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]

受賞対象: 路面摩擦の変化に瞬時に対応する走破性能と燃費性能を両立する新型四輪駆動システムの開発

受賞者: 土井 淳一(どい じゅんいち) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

 松田 光伸(まつだ みつのぶ)マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

八木 康(やぎ やすし)マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

三戸 英治(みと えいじ)マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

丸谷 哲史(まるたに てつし)マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

主な評価内容:走行中の路面状況やタイヤのスリップ予兆などをリアルタイムで検知し、最適な駆動力を配分することで、走破性・操縦安定性と燃費を両立させた点など。

日本機械学会奨励賞(技術)2件

マツダ CX-3 XD Touring Lpkg 4WD 6AT[18インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]

受賞対象: 緊急時のドライバー回避操作分析に基づく操舵アシスト制御の開発

受賞者: 高橋 英輝(たかはし ひでき) マツダ株式会社 技術研究所

主な評価内容:前方障害物との衝突回避におけるドライバーの回避操作と事故の因果関係を定量的に分析し、事故要因を明らかにした上で、事故防止に効果的な操舵アシスト制御手法を考案し、事故回避成功率が向上することを示した点など。

マツダ CX-3 XD Touring Lpkg 4WD 6AT[ソウルレッドメタリック]
マツダ アクセラセダン 15S 6AT 2WD [16インチ ブリザック スタッドレスタイヤ]

受賞対象:人間の知覚特性解明による感性に合ったステアリングホイールの反力設計手法の開発

受賞者:竹村 和紘(たけむら かずひろ) マツダ株式会社 技術研究所

主な評価内容:ステアリングホイール操作について、人間の反力知覚特性をモデル化し、感性評価の推定式を用いた反力の最適設計法を提案。感性にあった操作機器の特性導出ができる可能性を示し、設計段階で人間の感覚を予測し、開発効率化を実現した点など。

マツダは今回の受賞を励みに、さらなる安全技術・環境技術の向上をめざした開発を継続し、走る歓びをお届けすることで、お客さまに選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していくとコメントしている。

※画像は2015年12月に北海道で開催された「マツダ AWD 雪上試乗会」の時の撮影フォトになります

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15