autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【キャンピングカーに関する調査】ユーザーの半数「いつでも好きな場所へ行けるので出費は気にならない」と回答

自動車ニュース 2015/6/8 11:51

【キャンピングカーに関する調査】ユーザーの半数「いつでも好きな場所へ行けるので出費は気にならない」と回答

一般社団法人日本RV協会は、キャンピングカーのユーザーを対象に、キャンピングカーを購入したことで旅行時の経済活動に変化が生じたかどうか、また、購入以前の旅行と比べて、旅行形態がどのように変わったかということを調査を行った。

キャンピングカーによって「心理的な余裕が生まれたので購入は正解」と答えた人が約5割

オートキャンプ場
ホンダ 軽ピックアップトラック『N-TRUCK』

まず、「キャンピングカーを購入する前の電車や乗用車の旅行と比べ、キャンピングカー旅行では出費が増えたように感じたか、それとも減ったように感じたか」ということを尋ねた。

全体の半数に近い49.4%のユーザーが、「キャンピングカー旅行で出費がかさんでも、ホテルや旅館の予約などに拘束されず、好きな時に好きな場所に出かけられるという心理的な余裕が生まれたため、出費は気にならない」と考えていることが判明した。

もちろん、「宿泊代は軽減できても、キャンピングカーの購入費を考えると、まだまだトータルとしては出費の方が多い」という回答も21.7%の率を占めたが、「初期投資にお金がかかったが、宿泊代が軽減できるようになった」(5.1%)という回答も寄せられ、おおむね、キャンピングカーの購入によって経済的負担が軽減されるか、負担が生じてもメリットの方を強く感じていることが分かった。

7割以上のユーザー「キャンピングカーで経済的な旅行ができる」

RVパーク 道の駅たかはた

次に、実際に「キャンピングカーを購入して、以前よりも経済的な旅行ができると感じたのはどんなところか」と尋ねたところ、72.3%のユーザーが、「道の駅や高速道路のSA・PAで仮眠・休憩を取りながら移動するので、宿泊代がかからない」という点を挙げた。

車内の冷蔵庫を活用し、生鮮食品を買う頻度が増えた

また、「キャンピングカー旅行を始めるようになってから、お土産などを買う頻度が増えたかどうか」を尋ねる設問に関しての回答は以下のよう。

お土産品などを買う頻度は、キャンピングカー旅行であってもなくても変わらない」(34.8%)という回答がトップに立ったが、「車内の冷蔵庫などを使えば、生ものなどの持ち帰りが可能になったので、鮮度を気にするような食品のお土産が増えた」(24.2%)、「道の駅などの地場産野菜など、新鮮な産地直送品のお土産を購入する機会が増えた」(19.8%)、「キャンピングカー旅行では“穴場的”観光スポットを探せるので、人の知らない地元の名産品を見つけて買うことが多くなった」(11.6%)など。

キャンピングカーの機能的特徴を有効に活用して地元の土産物などを購入する機会が増えていることが分かった。

キャンピングカーライフを充実させるためのグッズ類の購入も盛んに

ダイハツ ウェイク
ダイハツ ウェイク

キャンピングカーでは車内にキッチンがあったり、食事スペースが設けられているものが多いので、そのことによって旅行先でのユーザーの食事形態が変わったかどうかも調査。

それによると、「今まではホテル・旅館のなかで食事を摂っていたが、ファミレスや道の駅や高速道路のSA・PAのレストランを利用する頻度が高くなった」、「宿泊代が浮くので、その分多少高価でもその地方のおいしい料理を探し出して食べる機会が増えた」という回答が26.5%の同率で上位にあがった。

さらに「旅行先で、珍しい地酒やその土地だけのツマミを仕入れる機会が増えたため、車中泊してお酒を飲む率が高くなった」(20.5%)、「キャンピングカーの車内にキッチン機能があるため、地元の安くておいしい食材を購入し、車内で自炊する機会が増えた」(19.5%)という回答が続き、外食の他、多くのユーザーが車内で食事ができるというキャンピングカーならではの特徴を活用し、普通の旅では味わえないグルメ旅行を楽しんでいる様子が浮かび上がってきた。

キャンピングカーライフを充実させるグッズの一番人気はお風呂セットや立ち寄り湯ガイドブック

ホンダ 軽ピックアップトラック『N-TRUCK』

また、「キャンピングカーを購入してから、キャンピングカーライフを充実させるための小物類、アイテム類、パーツ類を買うようになったかどうか」を聞いたところ、一番にあがったのは、「お風呂セットや立ち寄り湯ガイドブックなどを購入するなど、温泉めぐりを充実させるための小物類を買うようになった」(26.9%)という回答で、温泉を楽しむためにお金を使っているユーザーが多いことが判明した。

以下、「ソーラーパネルや発電機の購入などのパーツ類を購入するようになった」(23.1%)、「キャンプ場泊もできるように、カーサイドタープ、椅子・テーブル、ランタン、バーベキューセット、コンロ、コッヘルなどの調理器具をそろえるようになった」(20.3%)、「車内の使い勝手を上げるための日曜大工の材料や工具を買うようになった」(15.9%)と並び、キャンピングカーの購入を機に、旅行を充実させるさまざまな買い物をするようになった様子が伝わった。

車中泊とホテルや旅館の宿泊を使い分けて臨機応変に楽しむ

最後に、「旅行中の宿泊はどうしているか」ということを尋ねたところ、「旅行中は全てキャンピングカーで車中泊している」(57.4%)という回答が過半数を占めたが、「車中泊がメインだが、気分を変えるために、ときどきはホテル・旅館の部屋を取って宿泊する」(26.7%)という回答が続き、ユーザーがキャンピングカーを上手に利用し、臨機応変に旅を楽しんでいる様子がうかがえる。

このように、キャンピングカー旅行は、単に宿泊代を節約するという目的に限定されることなく、幅広い旅行形態を可能にしていることが分かった。

それによってもたらされる消費行動も広がるため、経済波及効果も非常に高いことが判明した。

調査概要

調査地域:全国

調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者

調査手法:Webアンケート

調査時期:2015年4月18日~5月17日

回答者数:約230名

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!