autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース WEC第4戦は中嶋一貴に代わってマイク・コンウェイが出走

自動車ニュース 2014/8/4 15:13

WEC第4戦は中嶋一貴に代わってマイク・コンウェイが出走

関連: トヨタ
マイク・コンウェイ中嶋一貴

トヨタは、9月20日(土)に米国テキサス州オースティンで開催される、「FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レース」において、トヨタレーシングのテスト兼リザーブドライバーであるマイク・コンウェイが、中嶋一貴に変わりレースドライバーとして初参戦すると発表した。

WEC第4戦の前週に日本で「スーパーフォーミュラ第5戦」に出場する中嶋一貴の代役として、TS040 HYBRID #7をドライブする。コンウェイは、シリーズ参戦している米国インディカー・シリーズで今季2勝を挙げている。

コンウェイは既に、冬季テストでTS040 HYBRIDでの走行経験を積んでおり、また昨年のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースにはLMP2クラスのドライバーとして出場。クラス優勝、総合5位に入っている。

TS040 HYBRID/WEC・トヨタレーシング

オースティンでコンウェイは、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザンと共にTS040 HYBRID #7をドライブ。中嶋一貴はWEC第5戦として10月12日(日)に富士スピードウェイで行われる「富士6時間耐久レース」でTS040 HYBRID #7のドライバーとして復帰する。

全8戦のWECシリーズ第4戦に、トヨタレーシングはマニュファクチャラーズ部門首位、ドライバーズ部門でもアンソニー・デビッドソン、ニコラス・ラピエールとセバスチャン・ブエミの3名がポイントリーダーとして臨む。

マイク・コンウェイのコメント

「TS040 HYBRIDで、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのレースに出場出来るのは本当に嬉しい。スタートが待ち切れない。TS040 HYBRIDは素晴らしいレースカーであり、特に、四輪駆動で1000馬力を発揮するハイブリッドブーストは、オースティンでのレースを間違いなく楽しいものにしてくれるはずだ。この機会を与えてくれたチームに感謝したい。世界選手権を戦っているチームに貢献すべく全力を尽くす。この挑戦に対する準備は出来ており、どれだけの力が見せられるか、楽しみにしている。」

マイク・コンウェイ

1983年8月19日イギリス・セブノークス生/在住。未婚

身長:173cm

体重:64kg

ル・マン出場:1回(2013年)

WEC成績:8戦出場、LMP2クラス4勝

趣味:マウンテンバイク、ロードサイクリング、フィットネス

好きなコース:ル・マン

好きな食事:日本食

三大市街地コースで勝利経験あり。マカオ(F3)、ロングビーチ(インディ)、モナコ(GP2)

【主な経歴】

1998 イギリスジュニアカート選手権:チャンピオン

2000 イギリスフォーミュラAカート選手権:チャンピオン

2001 イギリスジュニアフォーミュラフォード選手権:シリーズ6位

2002 イギリスフォーミュラフォード選手権:シリーズ4位

2003 フォーミュラルノー・イギリス選手権:シリーズ4位/フォーミュラルノー・イギリス冬季シリーズ:シリーズ8位

2004 フォーミュラルノー・イギリス選手権:チャンピオン

2005 イギリスF3:シリーズ3位

2006 イギリスF3:チャンピオン/GP2:シリーズ29位(2戦出場)/マカオGP:優勝

2007 GP2:シリーズ14位

2008 GP2:シリーズ12位(モナコの第1レースで勝利)

2009 インディカー・シリーズ:シリーズ17位

2010 インディカー・シリーズ:シリーズ25位

2011 インディカー・シリーズ:シリーズ17位(1勝)

2012 インディカー・シリーズ:シリーズ21位

2013 インディカー・シリーズ:シリーズ23位(1勝)/世界耐久選手権:シリーズ7位(LMP2クラス3位)/ル・マン24時間レース出場

 2014 インディカー・シリーズ参戦中:2勝(ロングビーチ、トロント)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21