autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 国内初「eCall緊急通報システム」対応の試験用プラットフォーム構築

自動車ニュース 2012/12/19 18:58

国内初「eCall緊急通報システム」対応の試験用プラットフォーム構築

~欧州・ロシアで進む義務化に対応、自動車産業界の競争力と協調力向上に寄与~

2012年12月19日、海外ネットワーク対応通信端末の開発をサポートする試験環境を保有し、国内企業の国際競争力強化をサポートしている横須賀テレコムリサーチパークと、カーナビゲーションブランド「ECLIPSEイクリプス」や、先進安全システムの開発に取り組む富士通テンと、デジタルセキュリティの世界的なリーダーであるジェムアルトは、欧州方式の携帯電話網用電波GSMを発信できる試験環境を保有する横須賀リサーチパークにおいて、国内初のeCall緊急通報システムに対応した試験用プラットフォームを構築した。

自動車事故への即応等のため、新型車へのeCall緊急通報システム (ロシアではERA-GLONASS)の装備義務化について、欧州では2015年からの導入を欧州委員会(EC)が勧告し、ロシアでは2014年からの導入が発表されている。

通信方式は欧州における携帯電話用無線方式であるGSMが用いられることとなっている。制度施行に向けて本年から欧州諸国を対象に、実地検証プロジェクト(HeERO)が積極的に展開されている。

最先端のテレマティクス技術で「先進安全システム」の開発に貢献

緊急通報システムへの対応は、通信機の全車標準搭載というテレマティクスサービス導入の絶好の機会となる。テレマティクスサービスはユーザーの安心、安全、利便性や満足の向上に寄与する、人とクルマと社会の接点となる情報の収集と提供を可能にする。

今回構築した試験用プラットフォームは、国内の試験環境整備と欧州動向の情報ハブとしての役割を果たすことが目的。自動車産業界の欧州・ロシア展開の促進、欧州・ロシアでのテレマティクスサービスの発展に、競争力と協調力の両面で寄与することを目指している。

ERTICO(ITSヨーロッパ)HeEROプロジェクト・マネージャーの、アンディ・ルック氏は、「欧州域外で初めてとなる、“112 EU eCall(緊急通報)試験用プラットフォーム”が日本の横須賀リサーチパークに整備されました。我々との取り組みにおいて、横須賀テレコムリサーチパーク、富士通テン、ジェムアルトの3社は、サプライヤーも含めた日本の自動車産業がこの屋外GSM試験設備を活用し、必要な試験と認証の取得を推進することを示してくれました。大変喜ばしいことです。」とコメントしている。

横須賀テレコムリサーチパーク

欧州方式のGSMネットワークと検証用PSAP(コールセンター)機能保有

富士通テン

緊急通報対応仕様のテレマティクスユニット(ECU)提供

ジェムアルト

M2Mモジュール提供

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!