autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート/永田恵一 2ページ目

燃費レポート 2014/3/14 09:23

「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート/永田恵一(2/3)

関連: ボルボ XC60 Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部
「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート/永田恵一

神戸から東京、およそ530kmの道のりをエコランで駆け抜ける!

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】今回の試乗車「ボルボ 新型 XC60 T5 SE」[FF/レザーパッケージ・シートカラー:ソフトベージュ/スポーツレザーシート(オプション)]

と、新型パワートレイン「Drive-E」のご紹介はこのくらいにして、XC60 T5エコラン大会「VOLVO ECOドライブチャレンジ」の模様をお伝えします。設定されたコースは東京~神戸間の片道(道のりは約530km)で、オートックワンチームは神戸発⇒東京行きの復路に参加しました。

エンジンを切るとオフとなる設定のECO+モードがちゃんとオンになっていることを確認して、スタート地点の神戸空港を出発。神戸空港から阪神高速まではおよそ10kmほど、信号の多い一般道を走ります。

神戸から東京、およそ530kmの道のりをエコランで駆け抜ける!

と、新型パワートレイン「Drive-E」のご紹介はこのくらいにして、XC60 T5エコラン大会「VOLVO ECOドライブチャレンジ」の模様をお伝えします。設定されたコースは東京~神戸間の片道(道のりは約530km)で、オートックワンチームは神戸発⇒東京行きの復路に参加しました。

エンジンを切るとオフとなる設定のECO+モードがちゃんとオンになっていることを確認して、スタート地点の神戸空港を出発。神戸空港から阪神高速まではおよそ10kmほど、信号の多い一般道を走ります。

エコランの極意を(こっそり)教えます・・・

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!

エコランの基本は「加速時は早めのシフトアップで無駄な時間を掛けずに目標のスピードに到達する」と「巡航中はできるだけトップギアで走れる下限のスピードで走る」ことです。なので、加速はシフトアップのポイントがノーマルモードのDレンジが2000回転ちょっと、ECO+モードのDレンジが2000回転弱ですが、パドルシフトを使えば1500回転くらいでシフトアップしてくれるので、パドルを忙しく弾きます。

エコランだからと言って、ただのんびり走っているだけでもダメ

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!

阪神高速に入ると、いろいろな要素を考えながら巡航スピードを決めなければなりません。というのは、スピードは前述したトップギアで走れる下限で走りたいところですが(Dレンジで8速に入るのはメーター読み90km/h、パドルシフトを使うとメーター読み76km/h)ですが、このエコラン大会には11時に神戸空港を出発し、遅くとも19時までには東京・芝公園に到着すべし、というルールがあります。

交通の流れを遮らず、流れに乗って燃費走行に徹する裏ワザあれこれ

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!

我々に与えられた時間は8時間ですが、昼食や小休憩、さらに帰京が金曜日の夕方ということもあり、東名道から接続する首都高の渋滞は避けられません。といったことを考えると、実質的な走行時間は6時間といったところ。という訳で、基本のペースはメーター読み95km/h(持参したGPS付きのレーダー探知機の実測で約90km/h)としました[※速度規制がある区間はもちろん法定速度に則る]。

このくらいのスピードだと、周囲の状況によるスピードの変化、8速から7速にシフトダウンしてしまう心配もありますが、このクルマはシフトをDレンジから左に倒し、マニュアルシフトのスポーツモードにすれば70km/hまで8速で我慢してくれるので、シフトは基本的にスポーツモードを使います。

その他に気を付けたことは、我々のペースに近いトラックがいたら、少しでも空気抵抗を減らせるようスリップストリームに入る(もちろんレースではないので、緊急ブレーキに対応出来る、安全かつ常識的な範囲の車間距離を保つことは言うまでもありません!)、坂に関しては上り坂が見えたら手前で若干ペースを上げて、その勢いを使ってアクセル開度が増えないように上り切る、下り坂では燃料カットとなるエンジンブレーキと、このクルマの武器である空走状態(エココースト機能・Dレンジで動作)を状況に応じて使い分けること・・・くらいです。

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!

300kmをイッキに走っても(誇張なしに!)疲れ知らず

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!

と書いた通りの運転(と思っています)で約300kmを一気に走り、昼食、ドライバーチェンジを兼ねて新東名の浜松SAにピットイン。 ここまでの燃費は17.3km/Lです。300kmの道のりを一気に走っても全然疲れを感じなかったのは、XC60 T5のドッシリとした安定性や高い静粛性、シートの良さなどのおかげです。

ちなみに、ワタクシ流のエコランをXC60 T5で行うと、交通状況に変化が起きるとシフトのためにパドルをガチャガチャ、空走状態を使うためにシフトレバーもDから左に倒しガチャガチャと、高級車に相応しくない運転をしているように見えるのかと思いきや、同行する助手席の編集部Tさんによれば「ゲームに熱中するかのように楽しげな様子で、微笑ましかった(笑)」とのことです。

 [次ページへ続く]

【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】今回の試乗車「ボルボ 新型 XC60 T5 SE」[FF/レザーパッケージ・シートカラー:ソフトベージュ/スポーツレザーシート(オプション)]【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】今回の試乗車「ボルボ 新型 XC60 T5 SE」[FF/レザーパッケージ・シートカラー:ソフトベージュ/スポーツレザーシート(オプション)]【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!【「VOLVO ECOドライブチャレンジ」レポート】「Drive-E」搭載の新型 ボルボ XC60 T5で低燃費走行に挑戦!

ボルボ XC60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ XC60 の関連記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連記事をもっと見る

ボルボ XC60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21