autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ 三菱自動車 MiEV販売推進室長 山田健二郎 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/1/27 16:30

THE NEXTALK ~次の世界へ~ 三菱自動車 MiEV販売推進室長 山田健二郎 インタビュー(5/5)

THE NEXTALK ~次の世界へ~ 三菱自動車 MiEV販売推進室長 山田健二郎 インタビュー

感謝の気持ちと、謙虚な気持ち

営業畑一筋で二十数年、しかし、自動車業界では未知数の電気自動車販売最前線に立つ山田健二郎室長の座右の銘とは?

THE NEXTALK ~次の世界へ~ 三菱自動車 MiEV販売推進室長 山田健二郎 インタビュー

【山田健二郎】いわゆる座右の銘というようなことですと、年齢だとか、仕事上の立場などによって、変わっていくのかもしれませんし、そんな難しい言葉はわかりませんが、私が常に思っているのは、感謝の気持ちと謙虚な気持ちです。

仕事は一人ではできないという思いが根底にあります。また、売り買いに上下はないというのが私の考えです。

たとえば、部品を納入してくださるサプライヤーの方も、ビジネスパートナーと言っています。売る側でも買う側でも、立場がどちらであっても、謙虚な気持ちで臨まなければ、商売はうまくいかない、うまく進んでいかないと思っています。

MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)については、日産自動車とスズキにOEM供給を行うことが決まっている。とくに日産は、リーフという電気自動車を別に売っている競合でもあるが…

【山田健二郎】これについても、電気自動車を一緒に売っている、電気自動車を推進するためのビジネスパートナーという意識です。win-win(互いに利益のある:筆者注)の案件であれば、積極的に取り組んでいきます。電気自動車はまだ、普及に向かっている過程なので、一人でも多くの方に実際に体験してもらうためにも、販売パートナーを増やしていくことが今は重要です。

「大阪から和歌山まで電気自動車で走ったとき、実は、電欠(バッテリーの電気を使い切る:筆者注)しちゃったんですよ」と、山田健二郎室長は笑って話す。性能的には問題ないはずの距離で電欠した理由は、アクセルの踏み過ぎだった。そこで、エコ運転の大切さを学んだと話す。そういう実体験が、電気自動車の販売では大切だと山田室長は力説する。

MiEV販売推進室は、社長も注目している部署である。「5月の就任から怒られてばっかりです」と言うが、それだけの重責でもある。

THE NEXTALK ~次の世界へ~ 三菱自動車 MiEV販売推進室長 山田健二郎 インタビュー

【山田健二郎】三菱自動車の社内が一丸となって、みんなで売るんだという気持ちが必要で、それを社長は求めているのだと思います。営業部門だけでなく、幹部も開発部門も工場も、いまはみんなそういう意識になっています。

山田健二郎室長の奮闘は、はじまったばかりだ。だが、その顔は生気に溢れ、その瞳は、前を真っすぐ見つめている。

筆者: 御堀 直嗣

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

三菱 ミニキャブミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25