autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 i-MiEV 試乗レポート/松下宏 2ページ目

試乗レポート 2009/8/6 13:05

三菱 i-MiEV 試乗レポート/松下宏(2/3)

関連: 三菱 アイ・ミーブ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
三菱 i-MiEV 試乗レポート/松下宏

基本プラットホームはアイがベース

フロントフード内部

i-MiEVは軽自動車のi(アイ)をベースに作られた。

基本プラットホームやボディは、iのものを流用している。燃料タンクなどがあったシート下の部分を中心に電池を搭載し、車体後部のエンジンを搭載していた部分に電気モーターやトランスミッション、インバーターなどを搭載する形で、iの車両レイアウトを大きく変更することなく電気自動車へ仕上げることに成功した。

乗車定員も4名のままでiと変わらない。電気モーターのパワー&トルクは47kW/3,000~6,000rpm、180N・m/0~2,000rpmだ。軽自動車の規格内で作っているので、47kWというパワーの上限が決められているが、トルクについては規制がないため180N・mという大トルクを発生する。

軽自動車のガソリンターボ車が、100N・m前後のトルクであるのに比べると、2倍近い数値である。

メーター

モーターの性能以上に重要なリチウムイオン電池の性能は、総電圧が330Vで総電力量が16kWhとされている。電池をたくさん積めばより高い性能を得ることができるが、電池の重さによって相殺される部分もある。

i-MiEVはこの電池で160kmの走行(10・15モード)を実現したので、これで良いということだろう。

電池の充電は家庭用電源で対応できる100V(満充電に14時間)と、200V(同7時間)のほか、急速充電器(30分で80%充電)も可能としている。

電気自動車の普及が進めば、急速充電器が各所に設置されるようになるはずなので、航続距離にはあまり神経を使わなくて良いようになる。

i-MiEVを走らせるには、普通の軽自動車を走らせるのと特別に変わる部分はない。

運転席に座ってイグニッションキーを回し、システムがスタンバイ状態になったらシフトレバーをDレンジに入れれば走り出す。iを運転するのと同じだと思っていい。

違いは、イグニッションキーを回したときにエンジンがかからないので、何も音がしないことだ。

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25