autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 メルセデス・ベンツ 新型Bクラス 新型車解説

新型車解説 2012/4/25 15:25

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス 新型車解説(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Bクラス Text: 松下 宏 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス 新型車解説

初のフルモデルチェンジを遂げた「新型Bクラス」、いよいよ日本国内でも発売開始!

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージ

2005年の発売以来、「メルセデス・ベンツ Bクラス」が初のフルモデルチェンジを受けた。

メルセデス・ベンツのラインナップの中でエントリーユーザーを受け持つのが「Aクラス」と「Bクラス」だ。Cクラス以上の各モデルがFRの駆動方式を採用するのに対し、この2モデルだけはFF方式を採用する。同社ラインナップの中でも、特別な位置付けにあるクルマだ。

そもそもBクラスは、Aクラスのロングホイールベース仕様車が発展してBクラスになった「Aクラスの分離・独立モデル」という経緯を持つ。今回は、そのBクラスの2代目モデルとなる。

Aクラスが一般的なコンパクトカーであるのに対し、Bクラスは余裕の室内空間を持つことで、2列シートながらミニバン感覚の使い勝手を実現している。

新型Bクラスも、若いファミリー層などを中心に新規ユーザーを獲得することを目的として作られた。やや大きめのボディに余裕の室内空間を持つという基本コンセプトは従来と変わらない。

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージメルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージメルセデス・ベンツ 新型Bクラス インテリアイメージメルセデス・ベンツ 新型Bクラス インテリアイメージメルセデス・ベンツ 新型Bクラス インテリアイメージ
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージ
メルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージメルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージ

エクステリアはスリーポインテッドスターを配したフロントグリルがひと回り大きくなり、ボディサイドに明快なキャラクターラインが加えられたことなどがポイント。

グリルにスリーポインテッドスターを配するのは、かつてはSLなど一部のスポーツモデルに限られていたが、最近では幅広いモデルに採用されようになった。

また、新型Bクラスでは前モデルに比べて全高も抑えられている。

ヨーロッパでは高速で長距離を移動する機会が多く、そうしたときに全高が高いと空力特性に影響することから、全高を下げるとともに床下の空力にも配慮したボディとなった。

メルセデス・ベンツ 新型Bクラス エクステリアイメージ

また、全高を下げたことは日本市場への配慮も含まれており、1,540mmという全高はタワーパーキングにも入れることが可能な数値である。

ただし、全高を下げると同時に床下へ空力向上のカバーを取り付けたことで、最低地上高がわずか105mmになってしまった。この低さは正にスポーツカーのもので、道路の段差などで床下を擦る可能性がある。自分の駐車場事情などを考慮した上で買う必要があるだろう。

インテリアは、大きく立体的なトリムを採用したダッシュボードや高めの位置に配置された液晶モニター、シフトレバーを廃したダイレクトセレクト(パドルシフト付)、サイドサポートの張り出しを強めたシートなどが特徴だ。

新型Bクラスの基本的なパッケージングの方向性は従来と変わらないものの、ボディシェルは新開発で将来的には電気自動車や燃料電池車などに使うことも想定して作られている。

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Bクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円