autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート あるときはじゃじゃ馬に、そしてまたあるときには従順に/ロータス エヴォーラ400 試乗レポート

試乗レポート 2016/1/5 09:37

あるときはじゃじゃ馬に、そしてまたあるときには従順に/ロータス エヴォーラ400 試乗レポート(1/4)

関連: ロータス エヴォーラ Text: 桂 伸一 Photo: 小林岳夫
あるときはじゃじゃ馬に、そしてまたあるときには従順に/ロータス エヴォーラ400 試乗レポート

ロータス史上 ”最速”な1台が日本上陸

LOTUS EVORA 400(ロータス エヴォーラ400) 試乗レポート/桂伸一

ロータス史上”最速”のモデル「エヴォーラ400」が上陸した。

名称こそエヴォーラだが従来モデルから2/3の主要パーツを刷新。見ても、乗っても進化と言う名の別物に生まれ変わっての登場である。

その別物感はどこにあるのか!?

元来ロータスとはそういうモノだが、パワートレインと操作系、シャーシとサスペンションから乗員が感じられる”一体感”、そのすべてが剛体になった塊の度合がさらに強くなっている。

最高出力と最大トルクがそのまま名前に

LOTUS EVORA 400(ロータス エヴォーラ400) 試乗レポート/桂伸一LOTUS EVORA 400(ロータス エヴォーラ400) 試乗レポート/桂伸一

タイプ名の400は406psのパワーと410N・m(40.2kg-m)トルクからの表記。従来の350ps/400N・mから大幅な出力アップだが、数値以上に変化を感じさせるのは、75mm径のエキゾーストシステムによるサウンドにある。

通常のドライブモードは至ってジェントルなエンジン特性とスポーツカーなりの静粛性。それがSPORTモードをONすると、フラップが開き管楽器を思わせるV6の排気管長の整ったエキゾーストサウンドの響きと、歯切れのいいレスポンスに変身、その変化度合が素晴らしい。

3.5リッターV6のベースはトヨタ製に変わりはない。しかし過給器とエンジンマネージメントその他の変更によりエンジンとしての個性も倍増した。

[「エヴォーラ」を紐解く鍵とは・・・次ページへ続く]

ロータス エヴォーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エヴォーラ の関連記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23