autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 「敏捷性向上」「より軽く」「より速い」!ロータス至上最速のクルマ『エヴォーラ400』が登場!!

新型車リリース速報 2015/11/10 21:46

「敏捷性向上」「より軽く」「より速い」!ロータス至上最速のクルマ『エヴォーラ400』が登場!!

関連: ロータス エヴォーラ Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
「敏捷性向上」「より軽く」「より速い」!ロータス至上最速のクルマ『エヴォーラ400』が登場!!

ロータス至上最速のクルマ、『エヴォーラ400』が日本に上陸した!

『エヴォーラ400』は、今年の3月に行われたジュネーブモーターショーで初公開された、「敏捷性が向上」「より軽く」「より速い」ロータスの新しいフラッグシップモデル。

ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400

搭載するエンジンは、新たにスーパーチャージャーとインタークーラーを備えた3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンで、最大出力は400hp、最大トルクは410Nmを発生する。ボディの3分の2以上の装備は一新されており、車両重量は従来モデルよりも22キロ軽減されている(MT:1395kg/AT:1425kg)。

組み合わされるトランスミッションには、AT/MTの2タイプを用意。MT車に関しては新しいクラッチ、軽量フライホイールが採用され、LSDにはクワイフ製を搭載。これらの結果、より速く、正確なギアチェンジが可能となっている。AT車に関しても、新しいプログラムが組み込まれ、より早いシフトチェンジが可能となっている。

「より軽く」なった『エヴォーラ400』は、サーキット仕様に仕上げられており、パフォーマンスは、英国・へセルのテストコースにて、従来モデルよりも6秒も速いラップタイムを記録している。また、ブレーキも一新されたことにより停止するのに必要な距離も、従来より5%短縮された。さらにブレーキのピーク時の温度も620度に抑えることに成功している。

ボディーでは、シャシーを改善。サイドシルの高さが低くなり、幅が細くなったことで乗降性が向上。軽量化を行っているにも関わらず、ねじり剛性は従来モデルと同等を維持、1度につき26,000Nmとなっている。

インテリアでは、フロントシートの足元スペースが拡大。さらに30ミリ程度後方にスライドが可能になったほか、後部座席も従来より広くなった為、フロントシートのバランスも良くなっている。その結果、後部座席の足元空間も拡大されている。

ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400

ロータス正規輸入総代理店であるエルシーアイ株式会社 高橋 一穂 代表取締役社長は、「『エヴォーラ400』は、一番近いライバルにポルシェ 911が挙げられますが、ポルシェとは違ったロータスのメリット、“ミッドシップで操縦性が良い”、“台数があまり出回っていない”という希少価値・付加価値を、人とは同じ車には乗りたくないという方に訴求していきたいと考えています。」とコメントした。

ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400

ロータス『エヴォーラ400』は、11月10日より販売開始。販売価格(消費税込)は、MT:13,554,000円/AT:14,061,600円。年間で60台の販売を見込んでいる。

ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400ロータス エヴォーラ400
ロータス エヴォーラ400
筆者: オートックワン 編集部

ロータス エヴォーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エヴォーラ の関連記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21