autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス IS F 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2007/10/26 16:03

レクサス IS F 試乗レポート(2/4)

関連: レクサス IS F Text: 日下部 保雄 Photo: 村西一海
レクサス IS F 試乗レポート

エクステリア・インテリア

リアスタイリング
タイヤ&アルミホイール

ベースとなったのはレクサスの中でも最もスポーティなIS。Fはそのデザインを大切にしながらフロントフェンダー、前後バンパー、ボンネットなどをFのオリジナルとしてボリューム感とダイナミックさを出して、一目でIS Fのパフォーマンスを感じさせるものとなっている。

ボンネットは5リットルV8エンジンのパワーを象徴する盛り上がるようなデザインとなり、それにつながるフロントフェンダーは19インチホイールとファットなタイヤを収めるために力強い張り出しとなっている。またホイールアーチの後方にあるアウトレットは実際にエンジンの熱気抜きとなっている。アルミホイールは鍛造でレクサス、トヨタに採用されているホイールの中ではピカイチのデザインだ。

大きな開口部を持つフロントバンパーはパワートレインとブレーキの冷却口となっており、リアバンパーには4本の楕円のエキゾーストパイプが強烈な印象を残す。

フロントスタイリングリアスタイリングフロントビューリアビューサイドビュー
インパネ

現在のクルマに空力は欠かせない。スポーツセダンともなればなおさらだ。空気抵抗はもちろんだが、前後の揚力を限りなく0にするエアロデザインを取り入れており、IS Fはこの機能美によって実在感の強いクルマになっている。ちなみにテーマカラーは濃いメタリックブルーだ。

インテリアはクルマとドライバーとの大切なインターフェース。実用性を重視しながら非日常の空間を表現するために4つのバケットシートとしている。フロントシートはタイトなシートバックでサーキットでも高いホールド性を確保しているが、乗降性に支障がないのはさすがに量産車だ。後席も2座になっているがショルダー部を張り出すなどして、ホールド性はかなり高い。

専用メーターはアルミ削りだしのリングを持った300キロまでのスケールを持つスピードメーターと6800回転からレッドゾーンのタコメーターからなるが、中心に電圧などの各種モニターメーターがあり、スポーツセダンらしい装備である。ステアリングホイールも専用となっているが握りやすく、例のFマークが心くすぐる。また8速のマニュアルシフトを操作するパドルは250/350よりも長くなっており、かなり自然に使えるようになった。センターコンソールなど、いたるところにFの香りがして心踊る空間になっている。

フロントシートリアシートステアリング&メーターシート電動スイッチトランクルーム

さてIS Fはスタイルやパフォーマンスだけではない。安全性や環境性能も抑えているのがいかにも日本のクルマらしい。安全ボディはもちろんだが、8つのSRSエアバッグ、オプションだがミリ波レーダーによるプリクラッシュセーフティシステム、さらに10・15モードで8.2km/Lの燃費、クリーンは排出ガス、環境負荷を低減する独自の基準などを設けている点も注目される。

レクサス IS F 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス IS F の関連記事

レクサス IS Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス IS F の関連記事をもっと見る

レクサス IS F の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円