autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2013/12/2 19:25

ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: ランドローバー ディスカバリー4 Text: 九島 辰也 Photo: ジャガー・ランドローバー・ジャパン
ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)試乗レポート/九島辰也

シームレスな加速で、高級サルーンのような快適さ

ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)

では、実際に走った印象だが、3リッターエンジンとこのクルマの相性はすごくよく思えた。クルマ自体が軽くなりボディの切り返しに軽快さが増したようだ。

エンジンルームのダイエットはそのままステアリングに軽さを伝える重要な要素。それが体験できたのだから文句はない。それにどの回転域からも加速できる太いトルクは好印象。機械式過給機の恩恵は大きく、3リッターを4リッター近い自然吸気ユニットに感じさせる。

しかも、今回ワイドレシオの8速を採用したことで加速もシームレスとなった。ギアの変速ショックは皆無でまるで高級サルーンのような快適さを見せる。まぁコーナー手前でエンジンブレーキを使おうと思うと少々ギアの多さに疲れるが、それ以外にネガティブな要素は見当たらない。

また、今回リリースで発表されてはいないが、クルマ自体の剛性を高く感じた。いわゆる熟成という感じだろうか。そのためアウトバーンの左車線をかなりのハイスピードで滑走しても臆するところはなかった。ステアリングも正確で高速域でピタリ安定させることができる。新型レンジローバーや同スポーツがそうであるように、このクルマのオンロード性能は高い。きっと新型2モデルのノウハウをこいつにも注入したのだろう。

ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)

ボンネット前部の文字が“DISCOVERY”に

ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)

といった感じのディスカバリー。3列シートの7人乗車であることからしても実用性の高さはうかがい知れる。となれば後はプライス。いったいどこまでリーズナブルに設定できるか期待したいところである。

そうそう、忘れていたが、2014年型からボンネット前部の文字が“LANDROVER”から“DISCOVERY”になったのも重要なポイント。ファンにとってこの変更点は大きい。ただ、長年LANDROVERが使われていたことを鑑みれば少々寂しい気がしなくもない。

それはともかく、パワートレーンの変更は乗ってみなくてはわからない。ディスカバリーに興味のある方、是非ご試乗を。といっても春までお待ちくださいませ。

ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)ランドローバー 新型ディスカバリー4(2014年モデル)
筆者: 九島 辰也

ランドローバー ディスカバリー4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー ディスカバリー4 の関連記事

ランドローバー ディスカバリー4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー ディスカバリー4 の関連記事をもっと見る

ランドローバー ディスカバリー4 の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21