記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 外資系損保と国内損保ではなにが違う?

外資系損保と国内損保ではなにが違う?

リスク細分型を武器に安い保険料の外資系が参入

外資系の歴史は意外と古く、1946年にAIGグループのAIU保険会社が日本での営業を開始したのが外資系保険会社の始まりです。以来、外資系の保険会社は日本の社会にしっかり根を下ろし、多くの支持を集めています。とは言え、「外資系が増えた!」とほとんどの方が実感するようになったのは、1997年の自由化以降、保険会社と直接契約する通販型自動車保険がオープンになってからではないでしょうか?

金融自由化の元、契約者の諸条件を細かく判断するリスク細分型の自動車保険が発売となり、AIGグループのアメリカンホームダイレクトが通販型自動車保険の販売をスタートしました。それ以降、アクサダイレクト、チューリッヒといった外資系が相次いで日本での営業を開始しています。外資系が多く参入している通販型自動車保険は、そのコストの安さ、利便性の高さ、そして申込みの窓口として機能するインターネット環境の整備を受け、年々シェアを拡大しています。

その一方で「保険は万一の時に備えるものだから、外資系では日本人の考え方に合わないのでは?」とお考えの方も多いと思います。しかし実際にコールセンターぁ㏸に判斂AIU保陀ター。぀ぁ聤レクイーtati檥溪リカ漒イて申込みリカ肧