autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジャガー XFR 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/7/5 11:00

ジャガー XFR 試乗レポート(2/4)

関連: ジャガー XF Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
ジャガー XFR 試乗レポート

新開発のV8エンジン+スーパーチャージャーで510psを発生

ジャガー XFR イメージ3

XFのマイナーチェンジは、以前スペイン試乗会編でも紹介したが、今回は国内での試乗。

つまり、国内向けモデルの初試乗となる。

もう一度XFRのスペックをおさらいしておくと、エンジンはジャガーが一から設計した新開発のV8ダイレクトインジェクション(直噴式)エンジンを採用し、排気量は5.0L。

これに、コルベットZR1、キャデラックCTS-V、アウディS4とここ最近こぞってハイパフォーマンスモデルに採用されているルーツ式(イートン社製)のスーパーチャージャーがドッキングされている。

XFシリーズでこれまでラインアップされていたハイパフォーマンスモデルのSV8は、4.2L+スーパーチャージャーで416ps/560Nm。

ジャガー XFR イメージ6ジャガー XFR イメージ4

対して、XFRのピークパワーは510psであり、SV8に比べ123%、ピークトルクは625Nmで112%の出力・トルクアップを達成しているのだ。

その差は歴然としていて、0→100km/h加速ではSV8の5.2秒に対してXFRは4.8秒と0.4秒も速い。

また、2,500~5,500rpmの広範囲で625Nmの最大トルクを発生させることもあり、低回転域からでも非常に力強いことが特徴。

それでも、この手のハイパフォーマンスモデルにありがちな扱いにくさはなく、市街地走行ならそれなりにとても静寂を装ったエンジン特性を出してくれるので扱いやすい。

ところで、スペック上ではBMW・M5よりもパワーで+3ps、トルクで+105Nmを達成し、CO2排出量はM5の357g/kmに対して299g/kmと、ハイパフォーマンスモデルでありながら300g/kmを切る環境性能は立派な数値だ。

トランスミッションはジャガーがATでは世界一速いシフトと誇る6速ATで、パドルシフトを装備。

ダイナミックモードと呼ばれるスポーツモードにスイッチすればとてもレーシーで、そのシフトフィールは過去に試乗したことのあるフェラーリF1を思い出した。

ジャガー XF 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー XF の関連記事

ジャガー XFの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー XF の関連記事をもっと見る

ジャガー XF の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26