autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは/新型 SUV「ジャガー F-PACE」海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/5/19 14:27

ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは/新型 SUV「ジャガー F-PACE」海外試乗レポート(3/5)

関連: ジャガー , ジャガー Fペイス Text: 金子 浩久 Photo: ジャガー・ランドローバー・ジャパン
ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは/新型 SUV「ジャガー F-PACE」海外試乗レポート

XF・XEに続き、最新「インジニウム」ディーゼルエンジンもラインナップ

「ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは」新型 SUV「ジャガー F-PACE」海外試乗レポート/金子浩久

最新といえば、日本仕様のXFとXEに搭載されて話題を呼んだディーゼルエンジン「インジニウム」だろう。F-PACEも自社で開発し製造している新しいコンセプトのエンジン「インジニウム」シリーズ第1弾となる2.0リッター4気筒ディーゼルエンジンを搭載しているのである。このエンジンを搭載したF-PACEにも試乗することができた。

2.0リッター4気筒のディーゼルエンジンというと他のヨーロッパメーカーも製造しているが、このインジニウムは最大トルクが430Nmもある。他は400Nm未満が多い。

期待以上の力強い加速を示した最新ディーゼル

「ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは」新型 SUV「ジャガー F-PACE」海外試乗レポート/金子浩久「ジャガーがあえてクロスオーバー車を造る意義とは」新型 SUV「ジャガー F-PACE」海外試乗レポート/金子浩久

インジニウムのディーゼルは期待以上の加速を示した。やはり430Nmの最大トルクは強力で、少しのアクセルペダルの踏み込みだけで力強く加速していく。

このディーゼルエンジンだと時速100キロでの巡行は1850回転ぐらいにしか過ぎない。1850回転しか回っていないから静かなものだ。ディーゼルというと、ひと昔前までは騒音と振動が付きものだったが、現代のクリーンディーゼルではそれらとは無縁だ。

>>「ジャガー F-PACE」画像ギャラリー

F-PACEにはいくつかの走行モードが備わっているが、オフロード用のものはない。その代わりに、オンロードをスポーティに走るためのダイナミックモードが備わっている。エンジンのレスポンスが鋭くなり、トランスミッションの変速パターンが変わるというお馴染みのもので、これもXFと共通している。

ただし、XF同様にモードを切り替えるためのボタンの並んでいる位置が良くない。ESPオフスイッチなどと並列に並んでいるから、視線を大きく動かして見なければならないのは大いに不便であり、危険でもある。

ジャガー Fペイス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー の関連記事

ジャガーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー の関連記事をもっと見る

ジャガー の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ジャガー
    XE

    新車価格

    477万円769万円

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー

    新車価格

    639万円981万円