autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム F1日本GP(鈴鹿)を数倍楽しむ注目ポイントはこれだ!ホンダの上位入賞にも期待

自動車評論家コラム 2016/10/7 20:36

F1日本GP(鈴鹿)を数倍楽しむ注目ポイントはこれだ!ホンダの上位入賞にも期待(1/2)

関連: ホンダ Text: 山口 正己 Photo: 本田技研工業
F1日本GP(鈴鹿)を数倍楽しむ注目ポイントはこれだ!ホンダの上位入賞にも期待

予備知識でレースが楽しくなる

2015 F1鈴鹿GPの様子2015 F1鈴鹿GPの様子

週末に鈴鹿サーキットで行なわれる日本GPを楽しむために、週末の注目点を、どうぞ!!

◆マクラーレン・ホンダに乗るフェルナンド・アロンソは、前戦のマレーシアGPを、エンジン交換でグリッド後退ペナルティを受けてビリ(22番手)からスタートしたが、1周目で10位に大躍進する素晴しい腕前を披露、好レースを展開して7位でゴールした。ホンダのお膝元である鈴鹿の好レースを期待しないわけにはいかない。

◆同じくマクラーレン・ホンダに乗るジェンソン・バトンは、前戦のマレーシアGPが300戦目のF1GPだった。301戦目の鈴鹿は、新たなスタート。

◆21戦で戦われる2016F1GPの17戦目が鈴鹿サーキットの日本GP。残り5戦でタイトル争いがますます激化。凄まじいバトル連発のレースが約束されている。

◆鈴鹿サーキットは、ドライバー全員が“チャレンジング”と高評価する名コース。数々の名場面の舞台となっている。世界でも珍しく立体交差を持つサーキットで、誕生は1962年。

◆鈴鹿サーキットで始めてF1GPが行なわれたのは1987年。日本人初のフルタイムF1ドライバーの中嶋悟が凱旋したそのレースを目の当たりにした佐藤琢磨がカルチャーショックを受け、レーサー人生を踏み出した。

◆現在、ドライバーズタイトルのポイントリーダーは、ニコ・ロズベルグ(ドイツ)、2位がルイス・ハミルトン(イギリス)。

◆鈴鹿を迎える時点でのポイントは、ロズベルグ288、ハミルトン265。二人の差は23点。

◆優勝から10位まで、25点、18点、15点、12点、10点、8点、6点、4点、2点、1点が与えられる。残り5戦を全勝すれば125点が獲得可能。

◆二人は最強メルセデスの同僚で31歳の同い年。ハミルトンは、デビューの2007年の4勝含め49勝、57ポールポジョンを記録し、3度のタイトル経験者、ロズベルグは、優勝22回、ポールポジョン29回でチャンピオン未経験。戦績は圧倒的にハミルトンだが、ここ数戦、ロズベルグが絶好調。

◆1998年に鈴鹿でワールドチャンピオンを決めたミカ・ハッキネン(マクラーレン)に、ピットから励ましのエールが送り続けられた。初タイトルは不安で恐怖にさいなまれつつ走る。エールがハッキネンを奮い立たせ、ミハエル・シューマッハとのタイトマッチを勝ち抜いた。その無線は、日本のケンウッド製。いまでもマクラーレン・ホンダに装着されている。

◆アイルトン・セナを崇拝するブラジルの後輩フィリッペ・マッサは、今シーズン一杯で2002年のデビュー以来15年戦ったF1GPを引退する。小犬みたいにかわいい奴として、フェラーリ時代から可愛がられるいい奴。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円