autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ「S660」をホンダ「ビート」と比較してみた/渡辺陽一郎

特別企画 2015/5/25 16:43

ホンダ「S660」をホンダ「ビート」と比較してみた/渡辺陽一郎(1/5)

ホンダ「S660」をホンダ「ビート」と比較してみた/渡辺陽一郎

今も昔も話題の「2シーターオープンスポーツ」の2台を徹底比較

クルマ好きの間で話題の新型車といえばホンダ『S660』。久々に登場した軽自動車サイズのスポーツカーだから、注目を集めるのも当然だろう。

そしてオジサン世代がS660を見れば、1991年に発売されたホンダ『ビート』を思い出す。

S660と同様に、エンジンをボディの中央(座席の後部)に搭載する軽自動車のミッドシップスポーツカーであった。

進化度数の基準

ビートは24年前のクルマで「新旧」の間柄ではなく、ホンダも「S660はビートの再来ではない」というが、共通点は多いだろう。切れ長のヘッドランプを装着した薄型のフロントマスクも似通った印象だ。

そこで今回、S660とビートも分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に比べ、採点していく。

ボディスタイル&サイズ

ホンダ S660ホンダ S660

ホンダはS660を「2シーターオープンスポーツ」と位置付けるが、ビートは「2シーターミッドシップオープンカー」であった。「理屈抜きに楽しい街のコミューター」という表現も見られた。

当時は運輸省(現在の国土交通省)がクルマの急速な高性能化に目を光らせていたこともあり、小さくて安価な車種には「スポーツカー」という表現を使いにくい雰囲気があった。

また1990年にはホンダ「NSX」が発売されていたから、軽自動車のビートは「街乗り」に焦点を当てている。

とはいえ軽自動車でミッドシップのオープン2シーターに変わりはない。前後輪の重量配分はS660が45:55%、ビートは43:57%と似ている。

ホンダ ビートホンダ ビート

ボディサイズは、S660の全長が3395mm、全幅は1475mm、全高は1180mm。ビートは1998年に軽自動車規格が変更される前だから、3295mm×1395mm×1175mmになる。100mm短く、80mm狭いが、全高はほぼ同じだ。

意外なのはホイールベース(前輪と後輪の間隔)で、S660が2285mm、ビートは2280mmだから5mmしか違わない。ビートはオーバーハング(ボディがホイールから前後に張り出した部分)を短く抑え、当時のクルマでは引き締まり感があった。

そして今日のカーデザインは、ホイールベースが長く、オーバーハングを短くする方向に発展しているから、ビートの外観には古さを感じにくい。

進化度数:2点/10点(もう少し頑張りましょう)

[次ページへ続く]

ホンダ S660ホンダ S660ホンダ S660ホンダ S660ホンダ S660
ホンダ ビートホンダ ビートホンダ ビートホンダ ビートホンダ ビート

ホンダ S660 関連ページ

ホンダ ビート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円