autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ アクティトラック 雪上試乗レポート

試乗レポート 2010/3/8 15:46

ホンダ アクティトラック 雪上試乗レポート(1/2)

関連: ホンダ アクティトラック Text: 河村 康彦 Photo: 本田技研工業株式会社
ホンダ アクティトラック 雪上試乗レポート

実用本位な設計へと回帰したアクティトラック

ホンダ アクティトラック

燃料電池車のFCXクラリティと同様に、今回の雪上試乗会へのある意味“サプライズ参加”となったのが軽商用車の「アクティ トラック」。

ちなみに、アクティは昨年12月に「10年ぶりのフルモデルチェンジ」を終えたばかり。一見そうは見えないが(!?)、実は今回の参加車両の中でもバリバリの最新ニューモデルがこの1台だ。

今度のアクティは、ハッキリ言えば「従来型の反省に基づいた新型」と言える。実は新旧最大の相違点は前輪の位置。1999年にデビューした従来型は「乗降性、居住性、走行性の大幅向上」を売り文句に、その先代に対して520mmも延長した「クラストップのホイールベース」を採用。

ところが、今度はそれを再びそっくり520mm短縮!2,420mmというその値は再び1,900mmへと時代を逆戻りし、前輪もボディの前端ギリギリという特徴的なポジションからシートの真下という“前時代的”な位置に再度改められている。

新型アクティがかくも数奇なモデルチェンジを行ったのは、このモデルが第一に居住性や走行性を求められるのではなく、あくまでも“道具”としての価値観を優先される商用モデルゆえだ。

従来型は、まず何よりもホイールベースを延長した結果による4.5mという最小回転半径の大きさが敬遠され、そして同様の事情がもたらす「ボディ下面の路面への接触しやすさ」も批判にさらされて、ユーザーをライバル車に奪われたという。

そこで、そんな反省に基づいて開発された新型は3.6mという軽トラック随一の最小回転半径を実現。185mmと高い最低地上高も「あぜ道や、田畑間の段差を踏破出来る事を狙った」という実用本位の設計となった。

ところで、興味深い事にそんなアクティ トラックこそ、実は今回の雪上試乗会での圧倒的な人気ナンバー1モデルだったことだ。

1台しかない試乗車は常に数組の予約者による空き待ちの状態。

当のオートックワン取材チームも「これは一番面白い!」と試乗から戻ってはまた予約を入れるという“おかわり”状態だった。そして、一体何がそんなに面白いんだろう!?と、そんな編集諸氏の行動を不可思議に思っていた自分も・・・イザ一度乗ってみれば見事にハマってしまった!

ホンダ アクティトラック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ アクティトラック の関連記事

ホンダ アクティトラックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ アクティトラック の関連記事をもっと見る

ホンダ アクティトラック の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円