autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スポーティMクラスミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/7/20 11:58

スポーティMクラスミニバン 徹底比較(2/4)

スポーティMクラスミニバン 徹底比較

意外とスポーティな走りのテイスト

フロントスタイルリアスタイル

ウィッシュと、ヴォクシー/ノアの間を埋めるクルマとして2004年秋に登場したのがアイシスだ。しかも、ただ間に入っただけでなく、Bピラーを助手席ドアに内蔵させ、左側の両ドアを開けたときにピラーのない「パノラマオープンドア」という付加価値を身につけた。

今回のマイナーチェンジで、エクステリアでは、フロントのバンパー、グリル、ヘッドランプ、リアのバンパー、ガーニッシュ、コンビネーションランプ、ホイールの意匠などが変更された。また、ボディカラーに新色5色が設定された。

さらに、プロジェクター式ヘッドランプの採用により視認性を向上させている。走りに関しては基本的には変わってない。

あらためて乗ったアイシスだが、率直にいうと、まず古さが感じられてしまった。登場時すでに遅れた感のあったCVTは、やはり最新のものに比べるとストレスを感じる。踏み込んでから加速するまでタイムラグがあるし、一定速度のキープが難しく、明らかに旧世代のCVTである。静粛性もそれほど高くない。

反面、ハンドリングは意外とスポーティで、決して車両重量も重心の高さも、走りの面では有利でないクルマのわりには、それなりにまとまっている。乗り心地も後席を含めまずまず。CVTについては前述のとおりで、それ以外の走り全般はそつなく仕上げられている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ストレスフリーな走りのまとまり

フロントスタイルリアスタイル

ボンネットのあるラウンドしたフロントセクションと、スクエアなキャビン~ラゲッジのリアセクションを組み合わせたフォルムは、ミニバンとしてなかなかユニークである。

今回のマイナーチェンジではグレード体系を見直し、アウトドア指向の「Playful」を廃止するなどシンプルにまとめられた。

エクステリアでは、フロントグリルやヘッドランプのデザインが変更された。ハイウェイスターではシャープでスポーティな印象を強調したものとなっている。個人的には、せっかく「ハイウェイスター」を名乗るのであれば、もっと明快なキャラクター性があってもいいと思わなくもないが…。

ドライブフィール全般は、この3台の中ではもっとも気になる部分がないと感じられた。CVTの制御はスムーズで、ATに慣れたユーザーにとっても違和感は小さいだろう。

絶対的な走行性能でいうと、ストリームにはるかにおよばないが、一般道を走るにはもっともストレスがなく、それでいて意外なほどスポーティな走りもある程度こなす。コーナリング姿勢もよい。コンフォートとスタビリティのバランスがいいところに落ちついているのだ。乗せてもらう身にとっては、3台の中ではラフェスタがもっとも快適だろう。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

スポーツカーばりのハンドリング

フロントスタイルリアスタイル

自動車メディアによるカテゴライズでは、ストリームもミニバンとなってしまうわけだが、ルックスも乗り味も、まったくミニバンという感じがしない。むしろそれ自体がストリームのコンセプトだろう。

重心の低さを視覚的にも表すスタイルで、ドライブフィールもまさにそのもの。RSZはとくにハンドリング重視である。

極端にロールを抑えた足まわりは、高速巡航においても、スピードを上げていったときにフラット感を増す設定。走りの一体感が高く、スポーティな走りをしたいときにはしっかりと応えてくれる。

ただし、電動パワステはしっかり感の演出と引きかえに、センター付近にあいまいな遊びがあり、ハンドルにとってもっとも大事である直進安定性が損なわれているところは相変わらず気になってしまう。

また、乗り心地のまとめ方は、前席を最優先し、2列目以降については少々目をつぶった面もあるようで、常に周期の短い上下動をし、低速走行時には突き上げ感を伴うこともある。エンジンはけっこう速く、パドルの付くCVTとの組み合わせでスポーティな走りを楽しめる。燃費面でも1.8LのATモデルとほとんど変わらないように感じられた。

CVTの制御については、停止状態からの動き出しや全開加速時にややリニアでない領域が認められるものの、流れに乗ってしまえばまったく違和感はない。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

もともと没個性といわれていた同クラスのミニバンにおいて、これら3台のように、いくらかユニークなデザインが見られるようになったことは歓迎したい。気に入ればOKだろう。走りについては、いずれもミニバンながらスポーティなドライブフィールを表現する中で、ストリームは別格として、アイシスは意外と固めでスポーティ、ラフェスタは走りを追求しつつも後席乗員にとって優しい乗り心地というまとまりとなっている。

トヨタ アイシス 関連ページ

日産 ラフェスタ 関連ページ

ホンダ ストリーム 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アイシス の関連記事

トヨタ アイシスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アイシス の関連記事をもっと見る

トヨタ アイシス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21