autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ 試乗レポート

試乗レポート 2010/5/7 13:50

フォード マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ 試乗レポート(1/2)

関連: フォード マスタング Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
フォード マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ 試乗レポート

MTが搭載されたマスタングの限定モデルが登場

2005年に登場した現行マスタングは、初代への回帰を図ったスタイリングが大いに話題を呼び、アメリカでは月間平均1万台以上をコンスタントに売るヒットモデルとなった。

2009年のビッグマイナーチェンジで、よりマッシブにアレンジされた最新のマスタングは、日本の風景の中にあると、ひときわ存在感を放って目に映る。走るたびに感じる周囲からの熱い視線も、このクルマに乗る楽しみのひとつだろう。

フォード マスタング
フォード マスタングフォード マスタング

そんなマスタングの46回目の誕生日にあたる2010年4月17日(土)に、フォード・ジャパンより限定車「V8GTパフォーマンスパッケージ」が発売された。

その名のとおり走行性能を高めたモデルだが、まずは正規輸入されるベースモデルにはないMTを搭載することが最大の特徴だ。

さらに、走りに関する部分では、ファイナルギアレシオをローギアード化したほか、フロントブレーキに専用ブレーキキャリパーとブレーキパッドを与え、エンジンルーム・タワーバー、スポーツモードの付く専用設定のアドバンストラック(横滑り防止装置)などを装着、さらに専用デザインの19インチタイヤ&アルミホイールを履かせるなど手が加えられている。

フォード マスタング
フォード マスタングフォード マスタング

インテリアについても、専用アルミシフトレバーのほか、レッドレザーのステアリングやドアトリム、ホワイトストライプのアクセントを配したレッドのレザーシートなどが与えられる。

価格はベース車のV8GTクーペプレミアムの20万円高となる、500万円ちょうど。ボディカラーは、ブラックとキャンディレッドの2色から選べる。

乗り込めばスペシャルに仕立てられたコクピットが迎えてくれる。

初代をモチーフに、左右対称としたインパネや3本スポークステアリングなど、レトロモダンに仕立てたインテリアもマスタングの個性だが、レッドレザーのおごられたこのモデルは、より特別感に満ちている。

エンジンをかける際、キーを捻った瞬間にフロントから発せられる猛々しいクランキング音もマスタングならでは。これからこのクルマをドライブするぞという気分を盛り上げてくれる。

同モデルについては、MTを操ってマスンタングに乗れるそのこと自体が楽しいだろうから、それでも十分と予想していたのだが、それは浅はかだった。このクルマをドライブすること自体にプレジャーが存在する。

マスタングというクルマが潜在的に持っている「スポーツカー」としての本性を呼び覚ましたようなクルマに仕上がっていたのだ。

フォード マスタング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード マスタング の関連記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース