autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー ボルト 試乗レポート

試乗レポート 2010/11/15 18:20

シボレー ボルト 試乗レポート(1/2)

関連: シボレー Text: 石川 真禧照 Photo: GM アジア・パシフィック・ジャパン
シボレー ボルト 試乗レポート

EV!?PHV!?上海でボルトに試乗!

アメリカのトップメーカー、GM(ゼネラルモータース)は2007年1月のデトロイトモーターショーで、ボルトという名のハイブリッドカーを発売した。

コンセプトカーではあったが、ボルトは5ドアのFFセダンスタイルで全長4,404mm、全幅1,798mm、全高1,430mm、ホイールベース2,685mmと発表された。

このボディサイズはトヨタ・プリウスよりも全幅は75mm広く、全高は60mm低いというプロポーションで、実用性も高く感じられた。

モーターの出力は150馬力、トルクは37.7kgm。最高速160km/h。外部充電も可能だ。

公開から約2年、ようやく生産型ボルトに試乗することができた。

シボレー ボルトと石川氏

GMIO(GMインターナショナルオフィス)が、中国、上海でプレス関係者を集めて試乗会を開催したのだ。

日本から参加したプレスは7名、ほかに南アメリカ、アルゼンチンからも参加していた。試乗会は1週間行われ、北米を除く世界中のメディアが招待された。

冒頭でボルトはGMのハイブリッドカーと紹介したが、正確には「エンジン付電気自動車」が正しい。

その理由は、ボルトが走行するのは、バッテリーに蓄えられた電気がモーターを動かし、その動力を前輪に伝えて走行するのだが、バッテリーの電気が不足すると、ボディ前部に搭載されているエンジンが作動し、発電する。

その電気をモーターに送りこみ、モーターを回し、走行させるというのだ。

つまり、ボルトはガソリンエンジンとモーターを搭載しているのだが、直接、走行させるのに用いる動力源は電気モーター。だから、基本は電気自動車になる。

GMは「エクステンディッド・レンジ」と呼んでいるが、“電気自動車の走行距離を延ばす仕掛け”というような意味だろう。

シボレー ボルトシボレー ボルトシボレー ボルトシボレー ボルトシボレー ボルト
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー の関連記事

シボレーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー の関連記事をもっと見る

シボレー の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18