autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック 新型エスカレード 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2012/6/11 18:42

キャデラック 新型エスカレード 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

関連: キャデラック エスカレード Text: 石川 真禧照 Photo: 茂呂幸正
キャデラック 新型エスカレード 試乗レポート/石川真禧照

エコ技術で生まれ変わったビッグブロック、これぞアメリカンSUV

キャデラック 新型エスカレード
キャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレード

エンジンはOHVの6,2リッターV8で、409馬力・563Nmと高性能。これに6速AT、フルタイム4WDが組み合わされている。このV8は可変バルブタイミングと可変気筒休止システムが採用されている。最新のエコ技術も投入されていて、使用ガソリンもレギュラーでOKだ。

サスペンションもマグネティック・ライドコントロール(電子制御式のリアルタイム可変ダンパー)を装備している。安全性能も車両安全制御システムや3列目まで保護するヘッドカーテンサイドエアバッグを備えている。

アクセサリー類では全モデルにBOSE製5.1サラウンド10スピーカーや60度または1.7度を保つことができるヒート&クールカップホルダーを装備している。

まるで小山のような大きな車体にちょっと圧倒されながら、運転席に乗り込む。隣に並んだ2トントラックと同じ高さだ。コラムシフトのレバーをDに入れ、スタートする。2000回転をオーバーするとV8、6.2リッターエンジンは2.6トンの車体を軽快に加速させる。

エンジンは4000回転から音が高まるが、室内への侵入は小さい。

6速ATはMモードを選択するとマニュアルシフトを楽しめる。そのシフトはコラムのシフトレバーに内蔵されているスイッチを押す方式なのだ。試しに5000回転まで引っ張ってみると1速60km/h、2速100km/hまで伸びる。100km/h巡航は1.500回転でユルユルと走る。

ハンドリングは軽めの操舵力がラク。スタビリティトラックなどの総合制御で、常に安定している。

さらに、素晴らしいのは乗り心地だ。

285/45R22という大径、超扁平タイヤを装着しているにも関わらず、上下動、目地での突き上げは巧みに抑えられている。

乗っていての安心感、安全度の高さは、欧州の大型SUVでは味わえない。それが、ビッグ・アメリカンの魅力なのだ。

キャデラック エスカレード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック エスカレード の関連記事

キャデラック エスカレードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック エスカレード の関連記事をもっと見る

キャデラック エスカレード の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    ATS

    新車価格

    479万円1,090万円