キャデラックのフラッグシップ、大型SUVの新型エスカレードが日本初公開【東京オートサロン2021】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
GMジャパンは、2020年11月13日(金)よりプレオーダーを開始したキャデラックのフラッグシップSUV、新型「エスカレード」をバーチャルオートサロン2021に出展するとともに、2021年1月16日(土)に実車を国内で初披露した。価格は1490万円から。

全長約5.4メートル、車幅約2メートルの大柄なボディサイズと堂々たるスタイリング、V8 OHV 6.2リッターの大排気量エンジンなど、全てが圧巻! 強くて大きいアメリカの象徴、新型エスカレードを写真と共にご紹介する。

>>これぞUSA! 圧巻のド迫力! キャデラック 新型エスカレードを写真で見る[画像60枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 全長5.4メートルの圧倒的な存在感
  2. 車載用で世界初! 湾曲した高精細なOLED(有機液晶ダイオード)ディスプレイを採用
  3. キャデラック 新型エスカレードの主要スペックおよび価格
エスカレードの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

全長5.4メートルの圧倒的な存在感

「スポーツ」グレードは全身黒でコーディネイト

2021年1月16日、都内で初公開されたのは新型エスカレードの「スポーツ」。通常モデル「プラチナム」のフロントグリルがクローム仕上げの横バー形状なのに対し、スポーツは全体がブラックアウトされ、グロスブラックのメッシュグリルに変更される。展示車はボディカラー自体もセーブルブラックだったから、まさに全身が黒! その存在感は格別だ。

新型エスカレードのボディサイズは全長5382mm×全幅2060mm×全高1948mm。プラットフォームを一新し、先代モデルに対しホイールベースを120mm延長させた。

V8 OHVエンジンは高速巡行時に2気筒エンジンにもなる!?

V8 OHV 6.2リッターの大排気量エンジンは最高出力426ps、最大トルク623N・mと強力。トランスミッションは10速ATだ。高速巡行時には4気筒もしくは6気筒を休止させるダイナミックフューエルマネジメントを採用し、効率を高めた。

駆動方式はセレクタブル4WDシステム。車高調整機能を持つエアライドアダプティブサスペンションとマグネティックライドコントロールを組み合わせ、オンロード・オフロード共に快適な走りを実現させる。

車載用で世界初! 湾曲した高精細なOLED(有機液晶ダイオード)ディスプレイを採用

新型エスカレードの車内にも新たな目玉装備が控える。メーター・ディスプレイに、車載用としては世界初となる大型OLED(有機EL)ディスプレイを採用。3つの画面合わせて38インチの大型ワイド画面は、ドライバーに向け湾曲した形状で搭載されている。4Kテレビの2倍の高精細度だというから凄い。日差しや周囲の明るさにも影響されにくい特性のためパネルにはひさしも備わらず、すっきりした形状だ。

3列レイアウトの室内は余裕たっぷり

室内は乗車定員2+2+3名の7人乗り3列シートレイアウト。高級なセミアミリンフルレザーシートで、先代に比べホイールベースが伸ばされたことから、すべての席に余裕がある。特に3列目シートはリアサスペンション形状の改良と相まって、足元空間が40%も拡大している。

荷室のリアゲート側に配されたスイッチ操作により、3列目・2列目シートの電動格納しラゲッジスペースを拡大することも可能だ。

価格は「キャデラック エスカレード プラチナム」が1490万円、「キャデラック エスカレード スポーツ」が1520万円(いずれも消費税込み)。日本車では決して真似の出来ない世界観を体感出来る稀有な存在だ。GMジャパンによると、すでに先行予約で多くの反響を得ているという。実際の納車は2021年の夏以降を予定している。

キャデラック 新型エスカレードの主要スペックおよび価格

ボディサイズ:全長5382mm×全幅2060mm×全高1948mm/車両重量:2641kg/乗車定員:7名/エンジン:V型8気筒OHV(L87型)/排気量:6200cc/最高出力:313kW (426PS)/5600rpm/最大トルク:623N・m (63.6kg・m)/4100rpm/トランスミッション:10速AT/価格:1490万円(プラチナム)/1520万円(スポーツ)[消費税込]

キャデラック/エスカレード
キャデラック エスカレードカタログを見る
新車価格:
1,377万円1,416万円
中古価格:
59.8万円1,192.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

キャデラック エスカレードの最新自動車ニュース/記事

キャデラックのカタログ情報 キャデラック エスカレードのカタログ情報 キャデラックの中古車検索 キャデラック エスカレードの中古車検索 キャデラックの記事一覧 キャデラック エスカレードの記事一覧 キャデラックのニュース一覧 キャデラック エスカレードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる