autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 320iクーペ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/10/14 15:24

BMW 320iクーペ 試乗レポート(3/3)

BMW 320iクーペ 試乗レポート

AKB48の前田敦子さんや板野友美さんにもオススメしたい!

BMW 320iクーペ

ステアリングの手応えは、以前の3シリーズと比べるとかなり軽めにはなったものの、知らなければ電動アシストであるとは気づかないほど自然な感触。

交差点を曲がってから直進状態に戻ろうとするセルフアライニングトルクの出方も、これまでの3シリーズと変わることなく気持ちの良いものでした。

コーナリングでは、横Gの高まりに比例してオンザレール感が向上し、クルマが置かれている状況を正確に把握しながら、どんなドライバーでも自分の手で限界を探る楽しみが味わえます。

タイヤの接地感をドライバーに伝えるセンサー類の高精度化もさらに増したという印象です。

エンジンのパワーに関しては、微低速域から踏み始めた直後に、ほんのわずかなトルクの立ち上がりの遅れを感じましたが、タコメーターの針は即座に跳ね上がってくれるため問題にはならず。

むしろ「回す喜び」が得られる特性として、MT向きのユニットであると思いました。

ブレーキペダルは、ドライバーの踏力に比例して効きが強まるタイプで、いかにも骨太でガッチリとした剛性感に富んでおり、安心感は絶大。エネルギー回生システムによる弊害は皆無であることを確認しました。

シフト操作とクラッチの繋がり感はややマイルドな感触で、これは高級サルーンに相応しいキャラだと思います。

BMWジャパンは、いつの時代でも3シリーズには必ずMT仕様を用意してくれるという、奇跡のインポーターですが、運転好きのドライバーなら、MTを選んで絶対に後悔はしないと断言できる感触です。

個人的には、どれだけ重箱の角を突いても不満や問題点が見当たらないほど完璧な悶絶サルーンとして、運転中、ひたすら大絶賛の嵐でありました。

あえて難をいえば、バックギアに入れる時に、やたらと重た過ぎる点ぐらいでしょう。

これは先代E46型時代からずっと継承されており、この重さのおかげで、走行中に誤ってバックギアに入れてしまう可能性はゼロなのですが、女性にはちょっと無理なんじゃないかと思えるほどの重さ(固さ)なので、女性オーナーに3シリーズのMTを味わっていただくためにも、そろそろ改善すべきであると思います。

これさえ改善されれば、AKB48の前田敦子さんや板野友美さんらにも安心してオススメできるでしょう。

BMW 3シリーズクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズクーペ の関連記事

BMW 3シリーズクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21