autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 見た目はほぼ一緒!なのに乗ればビックリ! BMW 新型 3シリーズ試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/8/20 11:00

見た目はほぼ一緒!なのに乗ればビックリ! BMW 新型 3シリーズ試乗レポート(2/3)

関連: BMW 3シリーズ , BMW 3シリーズツーリング Text: 河口 まなぶ Photo: ビー・エム・ダブリュー
見た目はほぼ一緒!なのに乗ればビックリ! BMW 新型 3シリーズ試乗レポート

大人っぽい熟成された乗り心地の良さ

BMW  新型 3シリーズ[2015年8月マイナーチェンジモデル・BMW 340i SPORT]試乗レポート/河口まなぶ

BMWのエンジニアいわく、「サスペンションは、(先代に対して)快適性を下げることなくロードホールディング性を改善しました」という。つまり、乗り心地は従来同等をキープしながらも、より路面をしっかりと捉える設定にしてあるとのこと。

しかし印象的なのは、走らせた瞬間に先代とは比べものにならない快適性を感じたことだ。つまり“先代と比べて快適性はそのまま”のはずなのに感じ方はむしろ、先代より快適なのだ。

もっともこれはサスペンションが良く動くようになって路面を捉える性能が向上したことの副次的な効果でもあるのだろう。とにかく、大人っぽい熟成された乗り心地の良さがあって身体に伝わる感触の全てが滑らか。

復活した直列6気筒エンジン

BMW  新型 3シリーズ[2015年8月マイナーチェンジモデル・BMW 340i SPORT]試乗レポート/河口まなぶ

僕はライバルである「メルセデス・ベンツ Cクラス」のエアサス仕様を日本で乗っているが、それと同等以上の乗り心地とロードホールディングが実現されていると感じた。しかもBMW3シリーズの場合、アダプティブ・ダンピングシステムは用意するものの、エアサスまでは用いない。

にも関わらず、乗り心地の良さに「おっ」と思えるほど優れた感触があるのだから、さすがBMWだ。

さらにエンジニアからの説明によると、「ダンパーを新たなものにしたことで乗り心地とロードホールディングのバランスが向上しただけでなく、ステアリングフィールも良くなりました。その上でステアリングのソフトウェアも変えています」とのこと。

しかし今回、何と言ってもトピックは直列6気筒エンジンが復活したことだろう。

BMW3シリーズにおける直列6気筒エンジンは、アクティブ・ハイブリッド3に、モーターと組み合わせられたものとして3リッターの直6ターボが与えられたのみで、その他では派生モデルの4シリーズにしか搭載されていなかったものだ。

それが今回、3シリーズにも復活を果たしたというわけだ。

[次ページへ続く]

BMW 3シリーズ 関連ページ

BMW 3シリーズツーリング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズ の関連記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24