autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/4/12 13:54

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ 試乗レポート(2/2)

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ 試乗レポート

6リッターW12気筒エンジンが発する怒濤の加速

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ
ベントレー コンチネンタルスーパースポーツベントレー コンチネンタルスーパースポーツ

コンチネンタルスーパースポーツには、もうひとつ“初モノ”がある。2シーターだ。

ベントレーは4人と4人分の荷物を積んで、長距離を高速で走るためのグランドツーリングカー(GT)であるという自負が強いので、戦前のルマンカーでさえも4シーターだった。

そんな原則を外してまでリアシートを取り外したのは、軽量化のためだ。後席を取り払り、第2世代のカーボンセラミックブレーキを標準装着したり、各部に軽量化パーツを使ったりした結果、110kg軽くなった。

それによる最高速度は329km/h、0-100km/h加速は3.9秒。この加速がいかに速いかといえば、4ドアGTのポルシェ パナメーラ・ターボよりも0.3秒速く、911ターボよりも0.2秒遅いだけなのだ。

他のコンチネンタルシリーズ各車は、前後輪へのトルク配分を50対50で行っているが、スーパースポーツは後輪に重点を置いた40対60だ。

リアトレッドを50ミリ拡大し、サスペンションやステアリングなどにも専用のチューンを施してある。シートのクッション材や電動調整機構が省かれてGTと較べて21kgも軽いシートは、見た目はスパルタンだ。レーシングカーのバケットシートように、左右のサポート部分が大きく盛り上がっている。

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ

座ってみると、今まで乗ったことのあるどのベントレーよりもタイトな掛け心地だが、薄いクッションはちゃんと存在しているので、我慢できないほど固いというわけではない。

ベントレーのインテリアに用いられるウッドパネルは、下請けに作らせているのではなく、クルーの本社工場内で熟練工によって工芸品のように時間を掛けてハンドメイドされている逸品だ。

しかし、スーパースポーツはそれすらも省き、軽量化のためにカーボンパネルに置き換えている。だから、車内の雰囲気はゴージャスというよりも、スパルタンかつレーシーだ。

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ

コースイン。アウトラップは慎重に様子見だ。一周回って、ストレートに入ったところで、スロットルを全開にしてみた。野太い排気音とともに怒濤の加速が始まった。ストレートエンドで、軽く160km/h。そこから、フルブレーキング。カーボンセラミックブレーキの威力は絶大で、透明な巨大クッションにぶつかったかのように減速していく。

2速まで落ちたところから、連続する登りの右コーナーを駆け上がっていく。下りの短いストレートを下り、複合コーナーで難しい右のコの字形コーナーへ進入するが、バケットシートがしっかりと身体を支えてくれるので、とても助かる。

フォレストレースウェイはコース幅が広く走りやすいのだが、スーパースポーツには、まだいくらでも加速していく余地がある。

参考のためにコンバーチブルのGTCにもコースで試乗してみたが、スーパースポーツは二回りぐらい小さなクルマに乗っている感じがした。走りっ振りの身のこなしが、実に機敏で反応が速い。

試乗を終えてパドックに戻って来たら、4輪のブレーキパッドからモウモウと煙が上がっていた。そこまでブレーキを酷使したのにもかかわらず、ストッピングパワーもフィーリングもまったく変化がなかったのには驚かされた。加速もスゴいが、減速のスゴさはそれ以上だった。

コンチネンタルGTの筋肉と心肺機能を増強し、徹底したダイエットを行ったスーパーアスリートがコンチネンタルスーパースポーツだった。

筆者: 金子 浩久

ベントレー コンチネンタルフライングスパー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の関連記事

ベントレー コンチネンタルフライングスパーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28