autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ 新型S6 試乗レポート/大谷達也 3ページ目

試乗レポート 2012/5/9 20:09

アウディ 新型S6 試乗レポート/大谷達也(3/3)

関連: アウディ S6 , アウディ S6アバント Text: 大谷 達也 Photo: アウディジャパン株式会社
アウディ 新型S6 試乗レポート/大谷達也

気付かない程スムーズに切り替えが行われる「気筒休止システム」

アウディ 新型S6アバント

S6&S6アヴァントの国際試乗会が開かれたのはドイツのミュンヘン空港周辺。その運転席に収まってエンジンを掛けたとき、私の頭の周りにはクエスチョンマークが20個くらい浮かんだ。

「これ、本当にエンジンかかっているの?」ちょっと大げさに言うと、そのくらい室内は静かで、スムーズだったのだ。

もちろん、エンジンがかかっていることはわかります。でも、4リッターから420psを絞り出すハイパワーエンジンが始動したという印象はまるでなく、室内は、たとえばアウディの最高級サルーンであるA8と変わらないくらいの静けさに保たれていたのだ。

走り始めても、その洗練された印象に変わりはなかった。まず、スロットルペダルを踏み込むとスルリとS6は動きだし、デュアルクラッチギアボックスのSトロニックがいよいよ熟成されたことを実感する。

そのあともエンジン回転数は2,000rpm前後を保ったままポン、ポン、ポンとシフトアップ。気がつけば、アウトバーンの流れに苦もなく乗っているという具合なのだ。

メーターパネル内には8気筒から4気筒に切り替わったことを示すインジケーターがついているけれど、これを見ていなかったら、いま8気筒か、4気筒かを言い当てるのは至難の業だ。逆に、普通に乗っていたらまず気づかない。そのくらい、この切り替えはスムーズに、そしてひっそりと行われる。

あっと言う間に、そして“静かに”240km/hへと到達

アウディ 新型S6アウディ 新型S6

では、もう少しスロットルペダルを力強く踏み込むと、どうなるのか?

この手のハイパフォーマンスカーによくあるように、排気系の経路が“迫力サウンド・ルート”に切り替わり、V8らしい重低音を響かせ始める……のだけれども、そのボリュームは、既存モデルに比べるとはるかに小さい。人によっては、ちょっと物足りないと感じるかもしれないくらいだ。

けれども、アウディはここをわざと狙っているのだと思う。ハイパフォーマンスカーだからといって、爆音を響かせるのはもう時代遅れ。これからは「速いけれど静かなクルマ」が主流になる。そんな思いが、アウディにはあるのだろう。

実際、このS6はとんでもなく速い。アウトバーンの速度無制限区間でスロットルペダルを踏み続けたら、あっという間に240km/hに到達してしまった。それも、相変わらず静かなまま。こんなスポーティセダンには、いままで乗ったことがなかった。

乗り心地も悪くない。ちょっとタイヤのざらついた印象が気になったけれども、基本的には路面からの突き上げをエアサスペンションがそっと受け止めてくれる、そんな印象なのだ。

ハンドリングは安定性重視の味付けながら、いざというときにはトルクベクタリングやスポーツデファレンシャルなどのハイテク装備が威力を発揮、狙ったとおりのラインをトレースできる。これも、アウディらしい未来的スポーティ・ドライビングの一部といえるだろう。

驚くほど高性能でありながら、それを声高に主張することのないアウディ 新型S6は、知的でスポーツも万能なジェントルマンを思わせるクルマだった。

日本導入は今秋の見通し。価格は1,200万円を越えると予想される。

筆者: 大谷 達也

アウディ S6 関連ページ

アウディ S6アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ S6 の関連記事

アウディ S6の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ S6 の関連記事をもっと見る

アウディ S6 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円