autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ R8 5.2 FSIクワトロ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/7/16 19:00

アウディ R8 5.2 FSIクワトロ 試乗レポート(2/3)

関連: アウディ R8 Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
アウディ R8 5.2 FSIクワトロ 試乗レポート

アウディの頂点に立つR8 V10

走行前のアウディ R8 5.2 FSIクワトロ

今年、アウディは100年を迎える。その歴史は、レースとは切れないものだ。

R8 V10は、現在アウディの頂点に立つモデルとして位置付けられている。R8は、ルマン24時間を走ったレーシングマシンのネーミングをそのまま使っている。

さすがにボディはレースカーのものではないが、1994年に始まるA8から培ったアルミボディのノウハウを生かし、99%アルミのスペースフレーム重量は210kgと超軽量。これをスチールで作ると+140kg重くなってしまうのだという。

また、コンパクトなV10エンジンの重量も258kgと軽量で、ボディ全体では4WDにも関わらず1,690kgと、とても軽い。このため、パワーウェイトレシオは3.2kg/psとスポーツカーの中でもずば抜けている。

アウディがR8 V10の投入に目論んでいるもの

アウディ R8 5.2 FSIクワトロ フロントアップ

景気が悪いと心まで荒んでしまう。

将来の不安など生きることに精一杯で、人間としてエンジョイする余裕がなくなるものだ。

我々クルマ愛好家にとって、そんな時期だからこそこんなクルマをリリースしてくれるような大きな器を持つアウディに感謝したい。

今日、アウディが深くかかわっているランボルギーニ・ガヤルドにも搭載されるV10エンジンをR8に搭載したわけだが、実はこのガヤルドの開発にはアウディが深く関与したといわれている。

パワーや味付けこそ違うが、ほぼ同じエンジンと見てよい。

また、ドライブトレーンにはこれも同じ6速Rトロニックと4WDシステムを採用している。(R8のシフトショックもやや大きめだった)

つまり、アウディはガヤルドで先行開発をしていたのではないだろうか?R8のコンセプトの一つに“エブリディ・スポーツカー”というものがある。

つまり、日常の足に使えるスポーツカーという意味だ。

マニアに特化した味付けをガヤルドで行い、誰もがドライブしやすいスポーツカーとしての棲み分けをR8 V10で達成したと言ってもよいだろう。

そのストラテジーは、ルマン24時間で活躍した同じネーミングを持つR8のスポーツイメージを前面に押し出した、アウディブランドのさらなる押し上げだ。

アウディ R8 5.2 FSIクワトロ インパネアウディ R8 5.2 FSIクワトロ フロントシートアウディ R8 5.2 FSIクワトロ メーターアウディ R8 5.2 FSIクワトロ シフトアウディ R8 5.2 FSIクワトロ エアコンスイッチ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ R8 の関連記事

アウディ R8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8 の関連記事をもっと見る

アウディ R8 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2018/1/18~2018/2/18

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円