autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン V12 ヴァンテージS試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2013/12/31 10:00

アストンマーティン V12 ヴァンテージS試乗レポート/石川真禧照(2/2)

アストンマーティン V12 ヴァンテージS試乗レポート/石川真禧照

ピットやパドックでレーシングカーを動かすのに似ている感覚

レバー式のドアハンドルを引き、セミバケットタイプのシートに収まる。

センターパネルにあるミッションボタンは左からスポーツ、リバース、中央にエンジンスタート&ストップのプッシュ式キー、ニュートラル、ドライブの各ポジション用ボタン。マニュアルシフトはコラムから生えたパドルレバーで行う。マニュアルは7速。

スタートはDモード。パワー、トルクアップされたV12エンジンは、1500回転からトルクが太く、コンパクトな2シータースポーツカーをグイグイと引っぱる。しかし、街中でのスポーツシフトIIIは、シフトアップ時にショックを供なう。あまりスムーズではない。だが、急加速するとシフトのつながりはスムーズになり、次に力強くギアを変えていく。

これはV8のヴァンテージSのときにも体験した動きだ。サーキットスピードになるとこの7速ATは実にスムーズに作動した。Dレンジで加速すると7000回転までスムーズに回り、0~100km/hを5秒台で走りきった。サーキットで5000回転を目安にマニュアルシフトすると、1速55、2速80、3速110、4速135、5速165、6速で200km/hに達する。ちなみにカタログでのメーカー発表値は0~100km/h加速3.9秒、最高速は330km/hだ。

標準モードでのチェックを終え、スポーツモードを試す。3ステージ・アダプティブ・ダンピング・システムは、ダンパーとハンドル操作を変える。さらにセンターコンソール下のボタンで、スポーツモードを選択するとスロットルレスポンス、ギアシフトのタイミングとエキゾーストノートまで調整できる。スポーツモードでのヴァンテージSは、まるでゴーカートのよう。ボディの大きさ、重さを感じさせない動きで、コーナーをクリアしていく。2240万円という車両価格を思わず忘れて、コーナーを攻めてしまった。

街中でレーシングカーであることを意識させられるのは、低速でハンドルを切ったとき。回転半径が大きいのだ。その感覚はピットやパドックでレーシングカーを動かすのに似ている。ちなみにタイヤはフロントが255/35ZR19、リアは295/30ZR19という組み合わせだった。

室内はリアにコートやバッグを置ける棚状のスペースがある。空間は、大柄な英国のスポーツマンが2人座っても圧迫感はあまり感じない広さを確保している。

コンパクトなボディにV12エンジンを押し込んだスーパースポーツは、新しいアストンマーティンの魅力を体感させてくれる素晴らしい乗り物といえる。

アストンマーティン V12ヴァンテージ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン V12ヴァンテージ の関連記事

アストンマーティン V12ヴァンテージの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン V12ヴァンテージ の関連記事をもっと見る

アストンマーティン V12ヴァンテージ の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,445万円